Btn appstore Btn googleplay
514z4mrajwl

35歳で初めての出産。それは試練の連続だった!芥川賞作家・川上未映子のベストセラー出産・育児エッセイ待望の文庫化!〇本書は、妊娠が判明したときから、出産を... 続き

コメント

笑いあり、涙あり、つらさあり、痛みあり…。
もう何でもありました。
川上未映子さんの語り口調のおかげか、読んでてこっちまで辛くなる!なんて思いつめたりはしなかったけれど、この体験は壮絶だな…母親って偉大だなあと感じさせてくれる本でした。

川上未映子さんの「妊娠→出産→子供の一歳記念」までが語られているのですが、どうしたってうまくいかない様子が読んでいても伝わって、自分の体から他人(赤ちゃん)を産むのって本当すごいことだなぁと思います。
特に、旦那であるあべちゃんにはイライラしてしまうことの連続みたいでしたが、そのイライラすらも少し客観的な立場で分析出来ているのが、さすが作家さんだと驚きました。そういう意味では、「あ、私のこの感情ってこういう理由なんだ!」と同じ状況にある方はほっと安心するかもしれないし、あるいは「あ、あの時のってこういうことだったんだ!」とストンと腑に落ちるって方もいるかもしれないです。
エッセイってだけでなく、この本を読んで「私だけじゃなかった」と孤独から救われるお母さんは実は多いんじゃないかなぁと感じました。

男性・女性とか、妊娠・出産の経験の有無に関わらず、いろんな人に読んでほしいなぁと思う内容です。きっと、「自分はこんな風に大切にされて生まれてきたのかな」とか「あ、これわかる〜」とか、何かしら自分の中で「妊娠・出産・育児」に対する考えや感じ方が変わるんじゃないかなと思います。

妊娠5ヶ月で読んだ。
身体の変化の描写が可笑しくてゲラゲラと笑ったり、数々の痛みや圧倒的な限界感が苦しかったり。でも最後には、出産・育児に前向きになれる、乗り越えたいって思わせる輝きで溢れたエッセイ。
「たのしいこと、いっぱいあるよ!」
しんどくなった時に寄り添ってくれる存在を見つけられて良かった。
2018.12

笑いあり涙ありの妊娠出産そして一歳までの育児エッセイ。

電車の中で読んだことを後悔するぐらい、
口元や涙腺がが緩んでしまう本でした。

最近、一歳半の我が子は今こんなに母ちゃんや父ちゃんのことが好きで求めてくれてたとか、今体験してることとか忘れちゃうんだろなぁ…とおセンチになってましたが、この本を読んで前向きになれた。

これから母になる人、もう母になった人に
ぜひぜひぜひ読んでほしい一冊です。

読者

4f438669 1c28 49a0 bdfc 572ef0c961964e69c40c e1ff 4cab 8303 aa1beb190df5Icon user placeholder02513e45 bb49 4432 a93b 349f589f76a78f76d250 dec3 4617 a7e2 91b2a8430362F1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e5191992f75 1d03 44ad b6bc a710a7baf9dbC0b12dbb 5307 4c85 a93b 1b27f63abe57 45人

川上未映子の本

夏物語

夏物語

Ca7b5bd3 81fd 4de2 a5f2 a19c195d572b

Kei Kawakami

I love books

序盤の話がイマイチピンとなくて、話に入り込むのにちょっと時間がかかってしまった。主役の背景を描き出すためのプロローグがちょっと物語が散漫になってしまった印象。 ただ川上未映子さんらしいテーマで、自分の生活、人生観について考えさせられることが多かった。心理描写や風景描写がとても豊かで、重たい話題も軽やかに読み進めることができたし、問題のところにはズバっと切り込む強弱の付け方は素晴らしかった。 関西人だったらもうちょっと印象違うのかも。

3か月前

Icon user placeholder00a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10A86cc33e 76de 4a83 bee4 f02f90f73489 24