51zms s6ygl

黒糖焼酎は、実は奄美群島でしか造られていないお酒なのです。 奄美群島5島にある全25蔵を、離島経済新聞社の名物編集長と島酒担当記者がご紹介。 九州とは違い... 続き

コメント

奄美大島に再訪し、今回は泥染めの他に何をしよう…。とその日にふと目に留まり手に取った本。奄美群島の数々の焼酎の蔵元を訪ね歩き、特徴と歴史などがわかり易く記されている黒糖焼酎の教科書のような一冊。奄美方面へ出掛ける前にコレで予習すると愉しい旅が期待される。著者は離島経済新聞社の主宰者。

読者

Fe34ee18 e693 4a17 81eb bebb3c00afa4

旅行

本の未来を探す旅 台北

本の未来を探す旅 台北

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

現在進行形の台湾出版事情を理解する良書、「田園城市」ヴィンセント・チェンさんのインタビューは台湾出版界の流通形態がよくまとまっており、理想主義ではなく現実を見据え出版をまっとうな商売として成り立たせるべく積みあがるアイデアにこうゆうやり方もあるのかと膝を打つ。 「台湾の書店が取次を通して出版社から本を仕入れる場合、いちばん安くて本体価格の6.5掛け、普通は7掛けに、ほとんどの場合は5%の営業税がかかるのがスタンダードです。たとえば本体価格が1000円の本だとして、出版社の取り分は450円(45%)、取次は200~250円(20~25%)、書店は300~350円(30~35%)ですが、そこから割引をする分だけ書店の利益は減ります。 直取引の場合も、出版社は通常、書店に本体価格の65~70%で卸します。ただ誠品書店と博客來の2大販路は別格で、出版社は誠品には委託でおよそ55%、博客來には60%ほど(8割方が買取)で卸します。(それぞれ5%の営業税を含む)。」P.96 取次の取り分が20~25%とは! 先週話題となったアマゾンの買い切り問題も博客來の掛け率及び買取率が参考となるのか。

2か月前

Icon user placeholderA2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b1326179887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7