Btn appstore Btn googleplay
51bmqoqn8wl

コメント

昭和40年代に書かれたショートショート。
かなりダークだったりブラックユーモア溢れてたりしていて、今こんな文章を書く人はいないなぁと思った。
男女を明確に意識していて、昨今のジェンダーレスな感じを嘲笑うかのようなところは嫌いじゃなかった。

その他のコメント

小説らしいユーモアと、ショートショートらしい切れ味のある作品集。

読者

63b94531 2ee4 4bf3 a4aa ca905bfc302679db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bdB07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef4169476bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d06Icon user placeholder9bba20e9 4127 422a 8876 1e23386ff4e8 6人

筒井康隆の本

霊長類 南へ

霊長類 南へ

252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575c

あやう

SFが好きです

暴力や血や内臓がたくさん出てくるので、弱ってる時に読んで大丈夫かなあと心配しましたが、途中で「筒井康隆の世界はタランティーノの世界といっしょなんだ」と気づいたので無事読み終えられました。

6か月前

酒呑みに与ふる書

酒呑みに与ふる書

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/04/06 読了 〜あるいは酒でいっぱいの海〜 松尾芭蕉から夏目漱石。江戸川乱歩に折口信夫。角田光代や村上春樹。内田樹と鷲田清一も。 酒の肴にちょうどいい。ちびちびやりながら楽しく読みました。日本酒の話がもっとあったらもっと良かったのになぁ。 装丁が素敵ですね。 〜すべての酒呑みに捧ぐ〜

1年前

E29b7181 6c2e 4dfd 934c 787f314924e3C715a1c6 849c 4247 b7a3 64506fe554839ac9871f 33f3 4bb3 b203 9133cb38cc65 27