51zuihneu6l

小学四年生のツヨシのクラスに、一輪車とくちぶえの上手な女の子、マコトがやってきた。転校早々「わたし、この学校の番長になる!」と宣言したマコトに、みんなはび... 続き

コメント

「今日の日はさようなら」のくちぶえが本当に聴こえてくるような、すごくじんわりと、熱い涙が込み上げてくる作品です。
雑誌「小学四年生」に連載されていた作品とのことですが、ぜひ、大人の方も、小学四年生のころを思い出しながら読んでいただきたい作品です。

拙いながらも成長していく主人公のもどかしさがまたいい感じの小説だった。

子どもに薦めたい一冊
「今日の日はさようなら」をかけながら最後はよみました。描写が浮かんできて、鼻息が荒くなったり胸がキュッとしたりした。

この本を読んで、泣いたり緊張したりドキドキしたり。自分の子供の時のことや親のことを思い出してしあわせな気持ちになれた。体験したことないはずなのにね

☆4つ。重松清と言えば中学入試最頻出作家の一人だそうですが、なるほどね。色々読んだけどこれが一番かな。基本は出会いと別れの作品なんだろうね、この方は。

読者

Icon user placeholder5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d383e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88beIcon user placeholderIcon user placeholder6d6a7701 f781 4f5a a4d4 5d7a26318e74Eecf5624 b3d8 4659 9e1b 158340ab06725404ea8a 8354 4707 8594 1536cb5c2aac 28人

重松清の本

送り火

送り火

Cc841888 d781 4e59 9578 49d990362871

なるぴ

30歳の男です。

たまに思い出すんだけど、重松清の 送り火 って本がすげえ泣けたんだ。短編集で、中でも遊園地で親の写真撮るシーンがあってそれを思い出すたび泣きそうになる。今も。 いつも主人公のことを撮ってくれた両親。普段撮ってばかりだから撮られる側になると写り方も慣れてなくてぎこちないんだけど、でも楽しそうにしていて、写真も忘れてはしゃいでる、そんな姿を目に焼き付ける。 自分だと恥ずかしくて中々…… 時間があるうちに記憶に焼き付けとかないとだめだな。 親とはうまくしゃべれないし変な力が入ってしまう。いつもイライラしてしまう。だけど親に嫌われたいのかといったらそんなことなくて、だからやっぱり親のことは好きなんだと思っている。

約2か月前

533fd91e 903b 4ff6 bc8a fb0fb706323bC8ceef1d b65b 4bc4 ab62 7242670cb8de5efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f 8
疾走

疾走

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書など コメ…

0072 2018/10/19読了 上巻だけでもう人生のどん底…。暗い…重い…。 家族や周りが崩壊して、ついに自分も崩壊したシュウジがこれからどうなっていくのか…下巻を読むのが楽しみだけど怖い…。

5か月前

Da3b1879 4d03 4418 b1a0 b96928ed83e18b38e142 d5a0 4671 b36a 5286c2c0394aF9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0 31