51zuihneu6l

小学四年生のツヨシのクラスに、一輪車とくちぶえの上手な女の子、マコトがやってきた。転校早々「わたし、この学校の番長になる!」と宣言したマコトに、みんなはび... 続き

コメント

この本を読んで、泣いたり緊張したりドキドキしたり。自分の子供の時のことや親のことを思い出してしあわせな気持ちになれた。体験したことないはずなのにね

その他のコメント

「今日の日はさようなら」のくちぶえが本当に聴こえてくるような、すごくじんわりと、熱い涙が込み上げてくる作品です。
雑誌「小学四年生」に連載されていた作品とのことですが、ぜひ、大人の方も、小学四年生のころを思い出しながら読んでいただきたい作品です。

拙いながらも成長していく主人公のもどかしさがまたいい感じの小説だった。

読者

C36498cb 5c3d 4242 b1e5 082f49588388121a33fe 3aeb 4bfe 83bd 7481eb1fe2c9Icon user placeholder5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d383e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88beIcon user placeholderIcon user placeholder6d6a7701 f781 4f5a a4d4 5d7a26318e74 30人

重松清の本

どんまい

どんまい

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

一人一人が人生の主人公であることを思い出させてくれた。 洋子のもと夫は許せないけれど。

6か月前

C930392e 6fb2 4fc8 ac04 049a9ab566d93c3545be ef22 45e6 8e4b 1f3c15b8583915fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c
きみの友だち

きみの友だち

67ef9872 8f01 4ff3 a118 8f44c49b5d2e

nancy705

あまりにも本を読んでこなかったの…

1話1話大事に丁寧に心をフラットにして読みました。この年頃、自分のあの頃がリンクする。目の前の事しかみえなくて、ちっぽけなことを精一杯悩んで。わけもわからずイライラして。友達とのいざこざは形は変われど今も昔も変わらない。そしていつか人は成長する。誰もが通ってるんだよこの時間。大人になっても忘れないでって怒ってばかりの大人に言いたい。

6か月前

871a3e8e b69f 4906 9bc1 118be277a24c3e6d2ad8 fb13 4fc9 80ce 48e366b45e53