Btn appstore Btn googleplay
418awndqmfl

三年前、ふと働くのが嫌になって仕事を辞め、毎日酒を飲んでぶらぶらしていたら妻が家を出て行った。誰もいない部屋に転がる不愉快きわまりない金属の大黒、今日こそ... 続き

コメント

その他のコメント

最初から最後まで、ドラマを見ているように映像が頭に浮かぶ。面白すぎる。

特に駅前の花壇に大黒捨てるくだりが大好き。服屋のバイトのとこ怖すぎ。
出てくる人たちが適当すぎて、自分の肩の力が抜けていく感じ。

いつも酒ばかり飲んでフラフラしているおっさんが、かみさんに逃げられた後に一生懸命?に社会復帰を目指す物語。

本人は真剣なのに展開がカオス。

笑いすぎてしまうので電車の中で読んではいけない。

この文体は癖になる。

読者

5f14cdd5 64d7 4d4e 9861 4bf89921793fB4dcce62 aaa8 40f3 ba55 28d546d6424eF5947a23 6256 4067 a3ee c849e7dad6e857e07668 45d0 4145 98ce 83e6a0146205Icon user placeholder66514ac8 9f5d 49d0 819d e8978ce3832d141c0978 c438 4536 85b8 352c66db0bb0F50aa496 67c5 4734 a8f8 a5c2d5f9c8fb 35人

町田康の本

100万分の1回のねこ

100万分の1回のねこ

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2

山奥

花屋 植物担当 から転職 書店員…

「100万回生きたねこ」 大好きな絵本を、これまた大好きな作家さん達がこぞってトリビュートした贅沢な一冊 どの作品も、生と死というテーマを重く温かく表現しています 絵本の書評ではなく、文学作品として扱っているところがいい 多くを問いかけます

3か月前

6e0278b5 a197 4308 8efa 4289e0e3e82fF4e86bc3 ea3f 4736 93a2 c6c0d76cc04073b29d1b dab2 4ae0 a07e 170e1cc5755d 20
走る?

走る?

92cc7c47 8c16 4ac5 8df8 1103aa1004c1

でこい。

OBK(お化け)物が好き。

恒川光太郎目当てに購入。☻

7か月前

66e13f48 e921 4b68 b385 2cd454af44aa0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c