51ml7g8hxml

コメント

最初の話でふったひとが次の話でふられてリレーみたいにちょっとずつ繋がってる系。
失恋のお話だけど暗すぎなくてふられた人も前向きに強くなっていく元気がでる本。
恋愛経験も浅くてふられたこともないけどいつか、大きな失恋をしたときにまた読みたいなと思う。

その他のコメント

フラれ小説なんて初めて読んだ、上手くいく気がしても上手くいかなくて、歳だけとっていく、でもそれは悪いことではなくて、でもできたら出会いたいよね

読者

497c3a12 691e 4572 a291 303879b1d33853e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8aAac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a764269E153f4f1 5633 42a2 9622 6364109e01477da10a6b 0cfb 4205 836b 3ff7493bd70bA05936eb dc3f 4dc4 ab9b cd7cf5552f89 6人

角田光代の本

51krfylfvul
883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

佐藤究さんの「勝負師のスパイス」というエッセイが面白すぎる。若い頃、通い詰めていたカレー屋の味を再現しようと、S&Bディナーカレーに様々なスパイスを加え、試行錯誤する話なのだが、結末が衝撃的。たった2ページちょっとの文章だが、その虜になり、何度も読み返してしまった。

18日前

61xejuwhg%2bl
D55b8599 4319 47be 8218 2223afa4e9f9

イトウ

学生

風美子のようなひとは、こわい。変わっていく世の中で、取り残されるひとと変わっていくひと。後ろよりも前を見て歩いていきたい。

約1か月前

8ca958c9 fed3 451b 9157 3a16f2c3f3856cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cB7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5
411ri0v0f1l
B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

沢山の本が読めますように。

角田さん家のトトはんのエッセイ。写真もあるので癒しの一冊。短編小説の「任務十八年」を、ちゃんと文章で読みたいと思っていたので良かった。

約2か月前

41upqtwewql
0458305c 50e0 4c9f bb10 e9acea3f3ad9

hito.N

とても良かった。毎年夏にあるキャンプが小さな子供達の記憶の中に染みていて、それをめぐる大人達が嫌な存在から読み進めるうちにどんどん理解できる様になる。

4か月前