61vdsv2wfgl

コメント

歴史小説って題材選びが重要というか信長とかメジャーどころだと新解釈とかが無いとなかな書き辛いんじゃないかと思うんですが…これはまた凄いところに目をつけたな、という驚きがあったので手にとってみました。主人公は越前朝倉氏の家臣で朝倉義景が信長に滅ぼされる時に寝返った武将。自分より先に寝返った者が越前守護に抜擢されたのが気に入らず一向一揆を煽って一族皆殺しのうえその地位を奪っていっとき北陸を大混乱に陥れたというめちゃくちゃな史実があって、そんなことをしでかした奴はたぶんこんな感じかな…と思わせる巧さがあった。元は朝倉家の家宝で、来歴は不明だが何故か毛利家から皇室に献上されている刀が上手くストーリーに盛り込まれていて面白い。作者の他の作品も読んでみたいと思った。

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

文学

孤独論: 逃げよ、生きよ

孤独論: 逃げよ、生きよ

341db26c 9db5 455e a9ee 9062830903a3

なぜかボブ

芥川賞作家などよく読みます

一人でいることが好きな習性と孤独は違うと思う。田中さんのいう孤独論はどちらかというと一人でいることの勧めであった。

1日前

F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113Fdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35deEfcf6eeb f774 4dbe 9d59 ff4b87d0d146 12