Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51ejgesrjcl

14歳で作家デビューした過去があり、今もなお文学少女気取りの栞子は、世間知らずな真実子の憧れの先輩。二人の関係にやたらイラついてしまう美人で頑張り屋の美里... 続き

コメント

えぐい、えぐすぎる。
柚木さんの女性同士の絶妙な関係性や、特有の習性を書き切るその筆力には、毎度圧倒されっぱなし。
まさしく、”けむたさ”がありとあらゆる手法で描かれてて、読んでてうわあ、ってなる。
”煙草消して下さい”

女子の世界。栞子に嫌悪感を感じるのはその気持ちがわかるから。

先輩の痛さより後輩のえげつなさが冴えています。

女の意地汚さを描かせるとピカイチ。

三者三様の女性が登場することで、各々の人間性の光と闇を浮き彫りにしている。エピローグ含めた読後感は真っ二つに割れそうなのが面白い。ちなみに個人的には、唐突感ありすぎて後味悪くなっちゃった側です。純粋さって、それがそのまま鋭利に研ぎ澄まされていっちゃうから底知れない感じがあるなあ。共感できてしまうのは栞子みたいなフツーの人間。

うわーって言っちゃうようなリアルな人間模様。女性って怖い!

読者

8b219c3f 69c4 4306 b0eb 35674eb1a19352337dfe f90d 48d1 873c 780390df600f6df80f6b 2edc 4384 ac11 0ab9c8d2fc7c99abbfdc dfa5 41ca a884 4f31448fd6037fc1ca47 5865 4dca 80ca d1a147049c3424ee37b3 d336 4ae0 9ee6 87bc0b59a256670c22a2 0a21 4db2 b4b8 d73c34ddb858A3f7a3ea 3c39 4342 a66f 82040af58cfd 15人

柚木麻子の本

さらさら流る

さらさら流る

Pezht4zp normal

yukimizuirosuki

歌う、笑う、音楽すき

後で一人思い返す宝石のような夜が誰にでもあると思う。突然そんなかけがえない夜を覆うような染みがどんどん拡がって窒息しそうになりながらも捨てることもできない。 自分もちょうど主人公達と同じ年で生きてる時代もぴったり当てはまり好きな作家の作品でそれが描かれて嬉しく思う。年齢の焦燥感は感じず、どこまでも広がっていく可能性を感じた。 どうにも偽れなくなって沈めていた本当の自分で人と向き合っていく事が一番怖い現実だし、進むべき現実だと思った。

15日前

E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1C7f8a651 422d 47d7 8d7b 09d0515142a2F8091af0 ce58 436f ba51 c60bfaf6c52b 12
BUTTER

BUTTER

89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e

半井志央/Shio Nakarai

ずっとずっと本を読みたい @s…

こってりしたものが食べたくなると聞いていましたが胃弱なのでなりませんでした。 かつての、と思えるようになっていたいけど、まだまだ今の自分を見ているようなところもある。 でも描かれている大体の食べものはもう想像出来るかなー。

9か月前

52337dfe f90d 48d1 873c 780390df600f21a3a820 08a8 4ff4 891e 70ec812df7fbFaff1d17 478f 4533 87ca 95acf9227d06 57
伊藤くん A to E

伊藤くん A to E

6efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f58376

tomo

本が大好きです。

どこがいいのかさっぱりわからない伊藤くんの周りにいる女性の話。 柚月さんの作品は、女性のえげつなさが痛々しいまでにリアルに描かれていることが多く、途中でちょっと苦しくなってくることもあるのだが、この話の中にもそんな部分も出てくるが、「煙たい後輩」よりはまだライトかなと思った。 伊藤くんは停滞したままで、何も変わらないが、その周りの女性たちはもがきながら、無様になりながら、自分と向き合って前に進んでいく、女性の強さと美しさに痺れるそんな本だと感じた。

10か月前

Fb356ba6 9a6c 41fb 8343 c02b8dc864f5Icon user placeholder53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a 11