41ayccarpkl

コメント

「なお、ここまで見てきたように、コンテンツや商品に関連した当事者たちは、「生みの親」のみならず、その「育ての親」も含め、自らも大きな貢献をしていると考えていることが多い。だからこそ、早い段階から関係者の役割や権利関係を明確にし、曖昧な部分をできるだけ残さないようにしておくことが重要である。それはトラブル発生後にしても同様だ。問題をこじらせないためにも、最低限の「知財リテラシー」は身に付けておきたい。」(171ページより)

読者

6603f993 76fc 4a32 b727 770c596558d1

新書

大放言

大放言

5965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b

土川 正夫

よろしくお願いします。

もっともだと思う反面、これはもう少し空気を読んでもいいのでは。という1冊でした、。

約14時間前

Ff3bda69 7b4f 4718 b4d0 19ab36a29788Icon user placeholderF58430f1 de0e 47fc af25 b336342c4be9 10
グラビアアイドルの仕事論 打算と反骨のSNSプロデュース術

グラビアアイドルの仕事論 打算と反骨のSNSプロデュース術

4868a379 c6cf 4912 a285 ad7207d01eaf

西尾高志(natak)

本が好きです

文字が大きくカタカナのビジネス用語が出てこず非常に読みやすい文章である。 グラビアアイドルや芸能にかかわらずセルフプロデュースなり他者をプロデュースしようと考える人には基礎知識として参考になるのではないかと考えられる。 ただ本書で重要なところはそのプロデュースするための考え方や方法論より仕事仲間のカメラマンの言葉から自身のコンプレックスだったものが武器に変わった点だと推測する。 人は自身を顧みて棚卸したり長所短所を正しく把握することなどできるのか? 自身が武器だと思っていたものが武器ではなく、価値なきものと捨てているものが武器であるなど独りで考え込んでいても簡単にたどり着けるようなものではない。 まさに勝ちを得るために死に物狂いで考え行動したがゆえに得られたものなのではないかと考えられる。 なぜか全く説明にもなっていないがコーヒーを飲みながらふと思ったのである。 知らんけど......

2日前

独学術

独学術

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/福祉職→総務課 本…

ふと疑問に思ったことを、もうひと掘りする習慣は身につけてみても良いかもしれない。 毎日発見があるきっと生活は楽しい。 読書は異質な考えをとりあえず受け止めて理解する。確かに、自分の気持ちに余裕がある時の方が読書には向いているのかもしれない。

7日前

Eed2419f 2b1b 46e7 a20a 7a322cb7e9dc7e61dda9 ed4b 4b55 83a6 3bea23683c3f1593dfdc b60d 433c 9e37 cd24b8109c8f 56