51bkqrqecpl

コメント

本の中に絶えず漂う哀しみと愛おしさ。
こだまさんの書く文章は本当に好きだなぁと。

本の中に私がいる。ずっと「どうして自分なのか」と迷う私のかわりに、こだまさんが言葉にしてくれている気がした。
こだまさんが幸せであったらいいな。

読者

417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c65a18ee37 88c4 4116 b20f 1a2e9ceed0f768d40626 4601 4883 9a85 74361a8bde57D560a034 941d 4c62 88a2 ecf4b20b504b67a4da19 f67e 4437 80e7 764ce119951a62ed7732 5974 40ec 98d7 cd79f75533d0F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797A04651c6 77a4 4f29 beaa 4f99afde3b84 33人

こだまの本

夫のちんぽが入らない

夫のちんぽが入らない

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

入る入らないも大事かもしれないが、辛すぎる。うまく行かない仕事、毒親、周りの優しさのつもりの大きなお世話問題など、形は違えど、誰しもが感じる生きづらさについて。

約1年前

675b4f5d 1b36 487b ac41 87c60242b45dEdc85d45 cdf6 4c69 b403 80bb269b0b65Icon user placeholder 120