51rhb23hqml

あなたが世の理不尽に拳を振りあげたくなったとき、人間関係のしがらみに泣きたくなったとき、本書に綴られた55章が、真剣に悩むこころの声の微かな震えを聴き取り... 続き

コメント

柔らかいものの見方のための本かな

その他のコメント

「人の心などわかるはずがない」、「ふたつよいことさてないものよ」、…
精神的につらい時、この本に助けられたなぁ。

読む時の気分で、感じ方がかわる味わい深い本。前読んだ時にはわからなかったことも、時間を経ると徐々にわかるようになることも多い。

読者

5ce10757 12a5 4945 bfe1 5cc7e164a4e3A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc656340d0e7d 6228 472f bea0 b932de23bc4eC1328c50 7403 4c06 af9f dccee519f9e44f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b4379887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a721617686 b69c 4920 ba25 bf1d3cab75ffIcon user placeholder 33人

河合隼雄の本

臨床とことば

臨床とことば

B07f5688 1ed2 4102 a122 8b292238f74c

Wataru Ono

本に読まされてる

対談本は「読んで学ぶ」というより「体験する」という感覚に近い。 本書に限った話ではないが、「普遍性と個別性」や「イニシエーション/モラトリアム」などの対談に対して、能動的に二人の対談から答え探しをするのではなく、受動的に答えのない多くの問いに好奇心を刺激されながら読むのが、本書を楽しめる読み方だと思う。

約2年前

21617686 b69c 4920 ba25 bf1d3cab75ffIcon user placeholderIcon user placeholder
笑いの力

笑いの力

55726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e7724

m a chi *

本読むのすきです(◍´ᴗ`◍)専…

期待していた内容とはちがった。 でも「笑い」について、もっと知りたい学びたいと思わせてくれる内容だった。 ユーモア、大事。

約2年前