41 bp7a2jel

コメント

人間関係の機微がわからないちょっと変わった少女、あみ子。彼女の純粋すぎる心と行動は、時に周囲を苛立たせ、傷つけ、変化させてしまう。
一番印象に残ったのは、赤ちゃんが亡くなり悲しんでいる母を元気づけるため、金魚の墓の隣に木の札で作った「弟の墓」を嬉々として母に見せる場面。一途な思いが相手の心を壊していくのは読んでいて辛い。自分の心までもがナイフでえぐられるような気持ちになった。
また、巻末の町田康さんの解説が的確で面白かった。

その他のコメント

読めば読むほどつらくなって、つらくなって、でも最後は救済されます。四割方。あみ子とその家族、同級生の短いお話です。

独特の文章で、純文学的な印象でした。結局あみ子は、何の障害があったのか分からなくて難しかったなー(^.^A)平成25年度11月課題図書。

読者

C81489ea 16b1 4629 b1e9 4b9077521f9a3d437fea 342c 4cf9 a28d 4d321b487c1a2fe6ee53 e4e1 4076 9c3f 8dd643856febIcon user placeholderD1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558cIcon user placeholder77e6c3b1 c70f 4af5 8c8f 91332496f56eC7f8a651 422d 47d7 8d7b 09d0515142a2 35人

今村夏子の本

星の子

星の子

C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b

Eiji Kobayashi

こヴィ。編集者・ライター

今作もザワザワしっぱなしで一気読了。芥川賞獲るかな?

1年前

Icon user placeholder3221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362eD05610bc 72d6 4401 b9e2 7173e4906554 151
文学ムック たべるのがおそい vol.3

文学ムック たべるのがおそい vol.3

E4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4

avocado901

読むのは主に翻訳小説だけど、本棚…

今号で真っ先に読んだのは、セサル・アイラの『ピカソ』 牛乳瓶から出てきた妖精に「ピカソになるのとピカソを手に入れるのと、どちらにするか」と訊ねられていろいろ考えたあげく……というお話。面白い。どうにもならないことを考えて(妄想して)いるうちに1日があっという間に過ぎてしまうタイプの人はハマると思う。

1年前

De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644cEc3aa304 f8ad 4c36 ba38 b47dd07e80e01e83e0ed bc19 46c3 9ac4 081018c472aa 10
こちらあみ子

こちらあみ子

52164439 ed55 41d1 a6fc cfdffb76ec2d

todatori

英米児童文学で育って今はお話書い…

寝る前なのに一気に読んでしまった。この作者の視線はすべてを照らして影に隠したものまでさらけ出す。身につまされるところもあり、きつい。

1年前

0b85626e bc23 4e2b ad3b 5dc873d552f229336ecb 05ae 4a8f 8e0a bfdbbdc1e463Ee5be961 4ff4 4d23 a889 a8416bd0fac6 11