416zgxtcqgl

世の片隅で小鳥のさえずりにじっと耳を澄ます兄弟の一生。図書館司書との淡い恋、鈴虫を小箱に入れて歩く老人、文鳥の耳飾りの少女との出会い…やさしく切ない、著者... 続き

コメント

何気ない日常の描写の中に不思議なくらい引き込まれていく。

読者

B4c39e33 cdef 49e9 9630 2ec692a56a653db51df0 af67 4e44 8e91 44a0026119aaC7282453 1e6d 4251 89af 86d8ceb038c2F4804186 5bc1 41e2 a2c1 f09f650784dc6b235e15 d518 47e4 92fc 833f3badd0ef677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd63af5021b 4ac7 4e17 987c c45b2d6c9fde1e0b404c 5d64 43ce b2e3 c786d82b320f 13人

小川洋子の本

ミーナの行進

ミーナの行進

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

思い出は、人生の宝物になる。 ゆっくりとミーナとの生活が語られていきます。オトナの事情も、子供の目線で。日々の生活が優しく丹念に描かれています。

8か月前