41vowjsbk0l

コメント

エンさん
ファンファン
と一緒に
元気になるお話

もうなんにもしたくないほど
かなしいきもちの時は
声に出して読んでほしい

まいごのパンダ
ファンファンを
きのこがりにきた
エンさんがみつけて
連れて帰り育てます
ファンファンは病弱のため
具合が悪くなるたびに
エンさんは自転車で
ふたやま越えて
ファンファンを
お医者さんのところまで
連れて行くのです
そして、帰りは必ず
歌をうたってくれます♪

ページをめくるごとに
あんなに小さかった
ファンファンが大きくなり
いつしか
エンさんにも変化が・・・

いざっていう時に
その方のハートがバーン!
とあらわれるから
きゃー びっくり!
エンさんのやさしさに
触れたらどんなに
きずついた心だって
ファンファンと一緒に
ふしぎと良くなって
いくのです

雨の日・雪の日の
ファンファンのスタイルを
みるたびに エンさんの
ハートの大きさが
伝わります

生きているあいだに
たいせつな人どおし
ハートをこめて
たいせつに接しあいたい
とおもいました

読者

3bed27aa 14e5 4ef0 a9f2 e20ef264c792

新刊

本気でゴールを達成したい人とチームのためのOKR

本気でゴールを達成したい人とチームのためのOKR

A174cd4c 0806 4668 8940 992e2d13b877

Nahomi Oota

design ×

何事も「目的」から入ることの重要性を感じるこの頃。チームビルディング、組織論関連の本が多く出ていることからも、今、組織で働いている人が何に悩み、何に不安を抱いているのか、がよく分かる。 大切なのは、本を読んだ後、何を考え、現状をどう分析し、どう動くのか。 自身の意識を自分自身の意思で変えることはできても 他者の意識を自分自身の意思で変えることはできない。 仕組みの重要性に改めて気づかされた一冊。

約4時間前

彼女は頭が悪いから

彼女は頭が悪いから

58b5566d 83bb 4051 87e5 7cb861f09d66

Ko Moto

ゴリラ

読みたいけど、読めなくて、ページをめくるのに時間がかかった。読み終わっても腹立たしさの方が大きくもあるけど、あなたは悪くないよって、言ってくれる人がいて良かった。他にもそう思ってる人はたくさんいることを被害者にも知ってほしい。

約5時間前

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9F9b6caa7 7c7a 4a96 ad2f ec967d7dc2dbDd24acff 891a 4e56 afea 77c2174758df 42
星の子

星の子

17ed66fb 8546 40b7 b184 a3d0d75925a2

ナオテン

30にして読書に目覚める。

この作品は似たような境遇の人からすると心に突き刺さるのではないかと思う。 主人公のこれから先の事を考えずにはいられない。 親は大切な子どもから大切な信仰へと変わりながらも、子どもから離れられない。 何かにすがらないと生きていけない。 そんな家庭で育つ人間はどんな未来が待っているのだろう。 何か衝撃のラストを期待して読んでいる自分がいた。そして、そういう展開を期待し、救いを求めながら読む自分がいた。 物語の最後は本当は現実の苦しむ家族の姿か?それとも絆と覚悟の家族の姿か。星に何を思ったのだろうか。3人の心は分からなかった。 ただ、星に願いをしている家族の姿を想像すると、様々な家庭の姿があること思った。誰もが少なからず、何かに救いを求める。それが、自分であったり、他人であったり。家族であったり。

約13時間前

80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a9ed1a4f2 e954 4da6 a0fb 3f60b0027f1d80392701 d10b 469d a3ac 7c60c2d0493d 181
人喰い

人喰い

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

カニバリズムの話とかほんとに嫌なんだけどなぜか手が出てしまう…ということで手に取った本作。アメリカの大富豪ロックフェラーの御曹司がパプアニューギニアで行方不明になった、という有名な話に魅せられた筆者が一体何があったのか、を追求した作品。タイトルもそうだけど冒頭の数章でエンジン故障した舟で漂流していることに耐えられなくなった御曹司が助けを求めて陸地まで泳ぎ着いたもののそこで原住民たちに殺され食べられてしまった、という作者の説が示される。本作では当時オランダの植民地であったことから宣教師や植民地の役人たちの残した文書の当たるとともに現地に赴き現地人たちと生活を共にしながら、何故、彼らが白人を殺して食べるに至ったか、ということを追求していく内容。少々記述がくどいところがあるものの説得力はじゅうぶん。植民地行政が上手くいってると思わせたいオランダの意向もあって公式には溺死とされている事件だけどもこれ以外には考えられないという説が提示されている。迫力もあってかなり読み応えのある作品。面白かった。

約16時間前