Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51qpfbgmfxl

「コラーゲンの抽出を見守るような仕事はありますか?」燃え尽き症候群のようになって前職を辞めた30代半ばの女性が、職業安定所でそんなふざけた条件を相談員に出... 続き

コメント

転職してから10ヶ月ぐらい経つのですが、未だに仕事ができるようにならなくて。毎日毎日本当にしんどくて。そんな時に見つけた本です笑
主人公の女性は、長い間勤めていた会社を、オーバーワークや精神的な問題、様々なことから逃げるようにして仕事を辞めてしまいます。
仕事をすることに対してやる気を失ってしまった主人公ですが、それでも働かないと生きていけない、ということで自分にとって単純な仕事を探し選んで行きます。
職種は全部で5つ。それぞれ面白いお仕事で、世の中にはいろんな仕事があるなぁ、そしてそれぞれ変わったことが起こるよなぁと笑 きっと現実世界でもそうですよね。
タイトルの通り、たやすい仕事なんてありません。だからというわけでもないですが、とりあえずは今の道を頑張りたいと思えました。

その他のコメント

仕事との不適切な関係に悩む女性の物語。 つい入り込んじゃうことで、いいと思っていた職場や人との関係が危うくなる。適切な距離がわからないからしんどいし面白いんだろう。 それにしても、せんべいの袋の裏にどうでもいい豆知識を考える仕事はやってみたい。津村さんの趣味が思いっきりでている。

訳あって仕事を辞めた主人公は、短期間で転職を繰り返すことに。
毎回、次こそはと就職先を決めるけど、途中から上手くいかなくなる。
最初は会社の人達も雰囲気も仕事も良いなと思えるのに。
色々な職を経験した主人公がたどり着くのはどこなのか。
毎回、仕事内容は淡々とした物が基本だけど、そこから不思議な出来事が起きるのも楽しかった。
仕事は次々に変わるから最後まで飽きず読めたし、最後まで読んだら、あぁ、私も頑張ろうと思えた。

読者

52337dfe f90d 48d1 873c 780390df600fIcon user placeholderBa03d63e d459 4a1d 98cd 81ee0117b107D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f98696c8aa383 dbb0 4ac6 92fc a86337a6255c38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a2107895c62 8b09 41e2 bf35 ea148408d336F278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e1 16人

津村記久子の本

カソウスキの行方

カソウスキの行方

D537d324 5b57 4281 92af 0b4829be4e52

お茶子

本がたくさん並んでいるのが好き

暇すぎて適当に手に取ったのが出会いで、読みだしたら最後が気になってそのまま読んでしまった。 もう一つの話も読みたかったが時間がきてしまったのでまたの機会に。

4か月前

648cbff4 c642 4e0c 959e 1ea1f6aba07bE4221da0 872a 47ba b2cd 4218ac819b52Be2705bb 9ad5 4b79 9412 de0079a04aa3 11
八番筋カウンシル

八番筋カウンシル

7e17a9aa e8e5 437a a58b c47914cdbab9

koyamaizumi

世界文化社

初読の印象が良くなかったのに、なぜか何度も読み直してしまう。津村記久子の本では、「ポトスライムの船」もそう。そこから何かを学ぶとかではないけど、小さく力づけられる。「親は、立派な大人ではない」というのも、この作家の一貫したテーマ。ズルくて不合理で、パッとしない商店街の面々が、リアルに描かれていて、秀逸。

5か月前

ポースケ

ポースケ

F28f12da 56dc 4042 8814 56e2dc18740a

よりこ

本の虫って程では無いけど、 おも…

ぽーすけ、っていうニックネームの少年が出て来る話かと思いきや、全然違って嬉しかった。

5か月前

Fbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de5128ce9b0 806c 4c21 a074 0fb87ec4000f