51actvegttl

小説史に類を見ない、息を呑む大仕掛け。そこまでやるか、ミヤベ魔術! それは亡者たちの声? それとも心の扉が軋む音? 正体不明の悪意が怪しい囁きと化して、か... 続き

コメント

人とは、恐ろしい事ができるもの。
しかし、人は暖かく強いものでもある。
話の大筋は、丁寧に読んでいけば察する事は簡単です。しかし、それを紐解いてゆく人達の苦悩が物語を厚くし、飽きさせません。
上と下巻長く関わっていると、読む方も情が湧いてきます。

読者

Bbb39884 bff1 42f3 b207 c4b411623b37Icon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a6964e1499ca 9700 4bbc 85c7 07c4ab6cbd4f9886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00cF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad1137bb479cf f542 474a a14f 59d7abba89c064973475 f5f0 492d beba ab9ccb7651a6 16人

宮部みゆきの本

スウェーデン館の謎

スウェーデン館の謎

B605ce13 5449 414b 9e26 419cc8fff1e7

ねこのすず箱

主にミステリを読んでいます

その館には、海豹のような体格の絵本作家と、妻の美しいスウェーデン人女性が住んでいた。童話のように美しい風景の中、警察の後ろ楯のない火村先生が奮闘する。雪に覆われた地面。見当たらない犯人の足跡。折れた煙突。全ての謎が解けた後、「僕にまかせて」が、心に刺さる。

約2か月前

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdB13d8520 e928 46a8 8042 e946b9fcd72f0d4f8c60 157b 40c8 9bae b3d8b7ea1e4b
過ぎ去りし王国の城

過ぎ去りし王国の城

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

最後の方の50ページくらいを読みながら「これ、あとちょっとで全部片付くの?下巻あったっけ?!」と思う密度で、一気に進んでいきました。 最後に描かれるほんの少しの変化は、あまり描かれなかったラストシーンの城田にもほんの少しの変化をもたらしたんだろうか。

3か月前

4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5Icon user placeholderIcon user placeholder 25