510aoy62nkl

“将来の夢”なんてバカらしい。現実を生きる高校生の美鈴は、ある夏の日、叶うはずのない夢を追い続ける少年と出会う。  東屋智弘。自分とは正反対に、夢へ向かっ... 続き

コメント

5/30読了
都合の良い優しさが何故こんなにも興ざめにならない。

読者

1a3e9a7a 0135 4ca7 a0c2 bd93a8eb424e0da3ebe1 f79f 4361 9389 02ece01696d143cd3d8b 7503 417f 9845 58079e08ca0319827526 a639 4044 9981 d86c526cb750 4人

文庫

禅

0c5f0435 8852 4ed7 be9a 27f721c6fad7

mai

((*゚∀゚))

奥深すぎて、「理解する」には至らないけど、平易な言葉で書かれているので読みやすかったです。ほう、禅ってこういうものかーという入門書のような。新しい発見があります。

1日前

ペンギン・ハイウェイ 角川文庫

ペンギン・ハイウェイ 角川文庫

0c5f0435 8852 4ed7 be9a 27f721c6fad7

mai

((*゚∀゚))

奇妙奇天烈な話だけど、全体の雰囲気がなんだかほのぼのとしています。アオヤマ少年のキャラクターが好きです。少年の冒険をいっしょに応援したくなる気持ちになります。

1日前

8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe0afd0383 1cee 44d2 8c27 77c9c68bbb76Icon user placeholder 8
魚神

魚神

00951b95 1591 4009 b362 e29c67a25e83

ぴー

主に読むのは漫画と小説

発売された当初、ジャケ買いして読んだら独特な雰囲気に魅了されたのをよく覚えている。 「美しさ」というものを、超常の要素を使って神々しさとおそろしさを感じさせるように書かれてある感じ。 舞台になってる島に美しいものなんて殆ど無いし、醜さを散々見せてるからこそ引き立つ美しさ、みたいな。 年に一度くらいは読み返すけど、この世界にずぶずぶと浸る時間が好き。

2日前

000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8Icon user placeholder8f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7fa