51q8oe4iral

田舎から大学進学を機に上京してきた愛は、この何でも手に入る、魔法のような街で大学のフリーペーパーサークルの先輩・新野に恋をしている。初めてのキスもセックス... 続き

コメント

共感する一文がたくさんある。

聞き上手じゃ持たないぞ。流し上手にならないとだめだ。

様々な主人公の主観から描かれる1つの世界。1人ひとり違っていて愛おしかったり痛々しかったりしながら、すいすい読めてしまった。

この人のことがすごく、すごくすごく、好きだった。

からの一連の文章がなんかすっごく切なくて、何度も読み返して泣きそうになってしまった。

読者

5e6a7c73 6b65 4d42 b07b a73eb7fc2f410074039a 6087 4388 9a14 20afd3704b37Abeb4ab9 db16 413c b42e 9a0d46ebfb1bB3e3d963 edd8 4b63 a500 a5a966c347c4 4人

加藤千恵の本

卒業するわたしたち

卒業するわたしたち

6af8b131 1947 49e2 8ca4 bb340709c6fd

現代小説、エッセイ、詩歌を中心に…

高校の卒業式の日に学校に持っていって読んだ。 様々な年齢、シチュエーションで紡がれる「卒業」の短編集。加藤千恵さんと言えばお約束の短歌もセットでより作品を味わうことが出来る一冊です。

約2年前

いつか終わる曲

いつか終わる曲

Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535

まさと

ちょこちょこと読む

音楽ってのは人生のしおりみたいなものなんだな。 帯に小山田壮平って書いてあったから衝動買いしたけど良い小説だった。

約2年前

26ac4fbb 7af5 4cb6 b038 0066eefd1f157c145985 0223 4cee b39a e5c93c4ff84c4042d5f0 a700 46aa 9baf 180621fe2714