51jat%2bxukzl

代表作の『食堂かたつむり』では、主人公による心のこもったおもてなしが次々描かれます。主人公はそれによって、自分の人生も満たされていくのでした……。 小説同... 続き

コメント

暮らしを長い目で見る。そうすると、より良い選択が見えてくるのかもしれません。
どんな選択が自分にとって心地よいか。周りに惑わされず、自分の心に素直に寄り添って。

その他のコメント

この本に出てくる持ちものひとつひとつはどれも素敵で私の好みなんだけど、なんだか矛盾に満ち満ちた本だなあ、というのが偽らざる感想です。

年齢を重ねる楽しみについて新たな定義を教えてもらいました。自分自身が心地いいと思う気持ちを第一に過ごす。ものが溢れかえる世の中で、自分が一生おつきあいしたいと思えるものはきっとそう多くないです。便利だから、新しいからとすぐに手を出すのではなく、好きという感情そのものから分析する。購入前にワンクッション置くことで衝動買いを抑えることができる、大切なものを見極めることが出来る。幸せな生活はそこから始まるような気がします。

読者

2b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855b71f72b20 4c1c 46d9 b7ef 6ae4f995b1ee99ad4324 4c75 4467 bb85 f071d199e46a9d9656f0 35db 4841 a5c3 4ae5e0c2f7f2A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304aF4bfe9f7 e6fd 4696 b692 1137aabb7ee2Icon user placeholder015dce07 cf3e 4648 a2ea 9129980e6554 10人

小川糸の本

キラキラ共和国

キラキラ共和国

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

ツバキ文具店の続き。 大切な人の死と向き合う辛い事も、鳩子さんをはじめとして周りの人々の穏やかさで優しく描かれている。出てくる食べものも、相変わらず美味しそう。

4か月前

Icon user placeholder50ff831e bff4 4d10 a926 08b8593996ff217f198e fa1b 4762 a43f 418c31991828 9
卵を買いに

卵を買いに

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21

bitte

本の虫

小川糸さんのエッセイ。 海外で暮らしたり、北海道へ旅行に行ったり、わんちゃんとののんびりした生活。 あこがれます。

10か月前

3e6d2ad8 fb13 4fc9 80ce 48e366b45e5356758e32 65db 4e8c b56e 9ee9a58a6a2cF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac
ツバキ文具店

ツバキ文具店

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21

bitte

本の虫

親の心子知らず 失くした後に気づいても、遅いけど、 遺してくれたものがある 紙に書くって心の整理になるのかもしれない 鎌倉に行きたくなります

約1年前

Icon user placeholder0402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00226ecdb3 f0e5 4a5c a2dd a2cbfe6c5191 107