51b7aajashl

叔父は文字だ。文字通り。文章自動生成プログラムの開発で莫大な富を得たらしい叔父から、大学生の姪に次々届く不思議な手紙。それは肉筆だけでなく、文字を刻んだ磁... 続き

コメント

タイトルから気になってしょうがない。装丁もかわいい。なんらか爪痕残してくれそうな期待感。本屋で見つけたら読もう!と思ってる本。

その他のコメント

叔父は文字だ。文字通り。
さてはて?こんな風に物語は始まります。少し時間をかけて読みたいと思います。

まったく別の本を購入するつもりで書店に訪れて、レジへと向かう下りエスカレーターの先に平積みされていたこの本。

装丁とタイトル、そして書き出しに惹かれ、目当ての本と一緒に買って帰り読みました。

少し難解な文体のSFなのだけれど、収録された二篇を読み終え...もっと見る

読者

000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d85c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdA5ae7592 5447 46e4 a325 ce80ccc9c421044abe3d 44a3 4c18 a114 62addfd81004693f3def c09b 44c5 a99c cc17f46010044dc74e3a 3706 4fb7 95b6 ae9b08fc50c3Fe43a628 2b3a 4ce6 9bca 96ee125309dfB8aad435 d4c9 4448 98ae 27273aa9335e 19人

円城塔の本

道化師の蝶 (講談社文庫)

道化師の蝶 (講談社文庫)

65c12427 15d9 42bf 971b 1c9691ef9fa3

はやおき

くそねみ

物語の中で捕まった架空の蝶を、別の物語を通して解放し、また別の物語の中で産卵し繁殖させる物語になっている。奇妙な登場人物たちの、不思議な巡り合わせが、一匹の蝶=「着想」=想像の萌芽に至る筋道は、複雑ながら驚きと感動があったし、自分の中でも、そのような蝶が生まれ飛び立っているのだという想像をしてみるのも楽しかった。ただ「多言語で書かれた無数の小説」や「虫取り網」が何を象徴しているのか、「作者のいいたいこと」を掴もうとすると、途端に入り組んだ、難解な作品になる。3回通読したがよく分からなくて諦めてしまった。

12か月前

Icon user placeholderF31dc9b8 954e 4d4f 8612 66fea9482b2bCbe668ff bf8e 4314 915b 5a089a854466 9
オブ・ザ・ベースボール

オブ・ザ・ベースボール

65c12427 15d9 42bf 971b 1c9691ef9fa3

はやおき

くそねみ

ライ麦畑から落ちかける子供たちではなく、ライ麦畑に落ちてくる老若男女。ホールデンは落ちる子供を捕まえるのではなく、落ちてきたものを打ち返す。キャッチャー・イン・ザ・ライならぬバッター・イン・ザ・ライ。いやバッター・オブ・ザ・ベースボール。野球ではないと散々本文で言ってはいるが。

12か月前