516jksfyc6l

ひとは一生の間、一度も病気にならないことはありえません。ひとは必ず病気になって、死ぬんです。だとすれば、病気の成り立ちをよく知って、病気とぼちぼちつきあっ... 続き

コメント

興味津々。テレビで放映されてたら、絶対見る分野。
なのに、字面で理解するのは難しい。
だけど、浮かんでくる不思議の世界。
やっぱりマンガの「働く細胞」読んで見るか!
理解未熟なのに興味だけ盛り上がってしまった。

その他のコメント

お恥ずかしい話、病理学って何?というレベルの私。正直に言うと半分くらいしか理解できなかったと思う。人間の体はどうやったら病気になるか、半分くらいは癌のメカニズムを平易に説明されているのだが用語がちんぷんかんぷんでなんとなく雰囲気が推測できる、くらいの理解度だったと思う。それでも基本的なところはなんとなくわかったし、昨今巷に出回っている怪しげな説に惑わされない、または惑わされそうになったときに何を参照すればいいかがわかった、と思う。非常にお話が上手く気さくな先生だったけどもほんとはもの凄く偉い方なんだなとわかったのも良かったです。さ

読者

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cIcon user placeholder6f016ad3 7d71 4595 8134 c72e61644a4aIcon user placeholder5f912b20 da6d 4bc1 819f 4f3efc9ff34f7f2fef6c 38d4 4bdf bd91 9842eaa0e6f084703104 cd55 42bc 96d8 564689d43e31 19人

仲野徹の本

病気をしない暮らし

病気をしない暮らし

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

こちらはよく売れた人間がなぜ病気になるのかを説明した本の二匹目の泥鰌として出されたものらしい。タイトルのとおり、病気になりにくくするために日常どういう注意をすればよいか、という作品。前作と異なってこちらは専門用語も少なく非常に分かりやすく自分にもほとんど理解できたと思います。風邪とインフルエンザの違いや、どうして風邪に対する解決策がないのか、またどういう注意をするとよいか、についてが特に良かった。いや、知らなかったな。これは。他にアルコール依存の問題や癌についてなど興味深い内容でした。こういう内容を非常に楽しく読めるというのは意味があるなと思いました。

2か月前

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cIcon user placeholderA2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e