51e0vwhiogl

「自分は寂しい人間だ」「恋は罪悪だ」。断片的な言葉の羅列にとまどいながらも、奇妙な友情で結ばれている「先生」と私。ある日、先生から私に遺書が届いた。「あな... 続き

コメント

恋は罪悪である。

先生の暗く、嫉妬に怯えた壮絶な過去がスパッと入ってきた。
難しそうだと避けていたが、読んでみると、避けていたことを後悔。
現実的な人間の心情が描かれているようで、面白い。

面白かった。
時代の違いを感じなかった。
昔の作品、教科書文学を身近に感じるきっかけとなった本

タイトルの こころ にはどういう意味が込められてるのか。読めば考えさせられる。読めば読むほど味が出そうな本。

読者

03db1d33 cc40 4621 92ad b7dd196c52bbAbea3e7c 05cb 4947 b979 a35c5b1db4f34aa7003c e779 430a aacb e27362b654afC9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acDf2dfe88 41ad 4a78 a295 03449242d6faIcon user placeholder5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdAf862982 8899 4bc3 b2ac 5bf828e1097b 49人

夏目漱石の本

吾輩は猫である

吾輩は猫である

3e223e12 b768 4f8d 9a12 56e647614378

REO

趣味:読書、カメラ

いつか読んでみたいと思ってたけど読めていなかった一冊。 なるほど文学的で、終盤の論理展開など特に読みごたえがあった。 語らうことが娯楽であった時代、素敵だなと感じた。本当に読んで良かった。 Kindleで青空文庫が読めるのはめちゃくちゃ良い。

3か月前

Bda1741c f392 4bc0 8d28 e1e8336ba5d324f5da42 5c23 4de6 97ae 0205c56eccd6A3117d24 5880 4a6c b095 379d6198574b 10
夢十夜

夢十夜

774af42e 30e9 462d a3c0 2639c09025a8

takeharu

主に漫画についての記録を投稿しま…

フランスでも出版決定とのニュースをみて再読。夏目漱石と近藤ようこの才能が絶妙に融合し昇華されています。不思議な清涼感のあるうつくしい漫画。

9か月前

Dbea8975 e92c 4a59 8a07 cbd61456d18100a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5
三四郎

三四郎

C7ff48ab 6db1 475c a7a8 2c64c59e5911

三日月

乙女です

5年くらい前に、漱石の「坊っちゃん」を読みましたが、面白さが全くわかりませんでした。 なので、漱石は苦手だというイメージかあったんですが、「三四郎」は最初からすっと物語に入っていけました。 田舎から出てきたはかりの学生と東京育ちのお嬢さんのなんとももどかしい恋。 三四郎の不器用さに時には吹き出し、時には「めんどくさっ」と思いながら読みました。

約1年前

5107dca6 e6a9 479c ab42 72ca6aa63a38Icon user placeholderC5dbbcbf 5552 4163 abe5 401d53364456 16
彼岸過迄

彼岸過迄

002afacd 03e0 43cb b351 f3a04e318b71

okome

japanese

◎ 水のモチーフ 水蒸気、雨、悪い水 ステッキの役割 恐れる男と恐れない女

1年前

Icon user placeholderC5dbbcbf 5552 4163 abe5 401d53364456Icon user placeholder