41j%2btxp9r7l

「その本を見つけてくれなけりゃ、死ぬに死ねないよ」、病床のおばあちゃんに頼まれた一冊を求め奔走した少女の日を描く「さがしもの」。初めて売った古本と思わぬ再... 続き

コメント

ぐっっとくる本にまつわる物語の数々。“本は開くだけでどこへでも連れてってくれる”というコトバに、うんうん頷いた。
なぜ『この本が、世界に存在することに』から改題したんだろう。

最後の解説に、
「読んだ後、きっとあなたはこれまで以上に本のことが好きになっている。生きていると同じくらい、本に出会ってよかったと思うはずなのだ。」
とある。

何て素敵な言葉だろう。
そして全くもってその通りなのです。

本にまつわる短編集。珈琲西武で読んだ「旅する本」から「不幸な種」までの前半5編がどれも著しくよくて、涙があふれて正視できなくなったり。
自分の店に戻って読んだ残り4編はそうでもなく、小説のクオリティとか好みとかもあるんだろうけど、読書の体験ってそのときの状況とか気分とかに大きく左右される、そのつど一回きりのものだよね、と感じた。
本にまつわる話ってとても好きで、やたら感動的なサンブラの「盆栽」とか、すごく読み返したくなった。

この本を読んでから、旅行先で現地の古本屋さんに寄るのが癖になりました。
本に纏わる短編集。本っていいなと改めて感じた

この本に出てくる、「できごとより、考えのほうが何倍もこわい」唱えるとたいていのことは乗り切れます。

本にまつわる話だからか、自分にも一緒に旅をしてくれる本があるんじゃないか、全く同じ本棚の人がいるんじゃないかといろいろ想像しながら読んでしまう本でした(*´ω`*)

ずっと前、古本屋さんで買った小説に、前の持ち主がしおりにしていたらしい旅券が挟まっていたことを思い出しました。

「ミツザワ書店」と「初バレンタイン」が特におきにいり。

電子書籍を全否定する訳ではないけど、こういう本にまつわる短編を読むと、本の存在には果てしない魅力があると思う。

角田さんの旅好きな面が伺える「旅する本」が印象強い。

本は、どんな世界へも連れて行ってくれる、って本当だなあと思う。いくつもの人生を味わえるような、贅沢な気持ちになる。

古本屋で手にしたこの本には
綺麗な金色のフクロウの栞が
添えられていた。
この本は誰かを探す旅を続けている気がしてならない。

本にまつわる短編集。
『だれか』が好き。

本との付き合い方って色々あるね。

『旅する本』みたいなお付き合いができたら素敵だなぁ。

こんなに読書をしてるのは小学生のときハリー・ポッターにハマった以来なのですが、何がきっかけになるかわからないなぁ、と改めて。本を読まない人でも、恋人とか家族とか、どこからか本に関わる瞬間ってある。

本にまつわる九つの物語は、喫茶店でのコーヒーのお供に。

電子書籍では味わえない紙の本の良さを改めて感じたお話です。

読者

F0214d3d 02b4 424e 90aa 3ec43305683aEe494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a0967f4eb15 3ec1 4cd3 bb3d ba4df6e1b9aa755b445b 6724 42aa a1da ff3b2f0c54d5D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f084bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae78a3c6c69 7e82 4ce3 b03d 6811f4e797c4417d400b 6de5 445e b47c 5122f205665f 60人

角田光代の本

学校の青空

学校の青空

53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a

岸本ミリ

好きなものは桃とクリームソーダで…

もっと今よりもっと若い頃、高校生とか10代の頃、命が軽かった気がする。でもそれは悪気があるわけじゃなくて無知ともまた違って、エネルギーばかり有り余ってそのままいつでも死んでしまえそうな感覚の中で生きているから仕方がなくて。そんなどうしようもない狭い世界の中で必死に生きる少女たちのお話。

約1か月前

5aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5beIcon user placeholderAbddc058 3fe3 42d6 b423 43c838ad5629 38