4169mrlowql

その夜〈さきちゃん〉は、小さな奇跡に守られていた――。失踪した友人を捜す早紀(さき)。祖父母秘伝の豆スープを配る咲(さき)。双子の兄を事故で亡くした崎(さ... 続き

コメント

さきちゃん達は、傷付きながら柔軟に強い。彼女達の心の声が好きだ。充分に傷付きながら、相手の心にも想いを馳せることができる。かといって走り出す訳でもなく、一歩一歩自分を確認しながら前に進んでいこうとする。
さきちゃん達の空気を纏った文字達がそこにある気がした。一文を読んで、もう一度読み直して頭の中で想像しながら読み進めるとさきちゃん達の心のヒダに近づける気がした。

読者

A7c8abbd b462 47f4 a656 42ae5f9218d2055b7b31 1fcb 4278 9081 1b46efd7523d187bb560 6007 4def bd4d de632e937dc51525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad479bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a923985644472bf85 fa11 418d a9cd ba52606422e59d1a2f70 1cd1 424c 9a07 1da8e7b7d634 7人

よしもとばななの本

花のベッドでひるねして

花のベッドでひるねして

Be90100b 5690 4385 a6cd b5ce4757d9a1

まるたろ

好きなことは、何もしないこと

ふわふわ現実味なくのほほん平穏無事に不幸を知らずに生きていそうに見られる主人公、幹は生まれてなもなく捨てられた子。砂浜の、わかめのベッドの上に。日常を、いまあるものを、だいじな人たちを愛して生きていれるって、本当にしあわせなことだなぁと思い出させてくれる小説。長くないのでさらっと読めます。夢に跳ねるうさぎがいっぱい出てくるシーンはちょっと不気味で怖かった。 20190502

約2か月前

6a077d8a 43af 4c3a 8803 e963e1e1067b56758e32 65db 4e8c b56e 9ee9a58a6a2c2feacd2a b058 49bd 9d12 9535ea249592 18
すぐそこのたからもの

すぐそこのたからもの

F9d0bb2a a231 4110 be0b 0b0457d25af1

apple

電子書籍ラバー 記憶に残すために…

あったかくて切ない。子育ての間のわずかな時間を切り取ったエッセイ 息子を持つことが楽しみになる

4か月前

ムーンライト・シャドウ

ムーンライト・シャドウ

4f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b43

Y.usu.K

本が好きです。

喪失と再生の物語。何かを失った時人はバランスを取ろうとする。他人から見ると奇矯に思えるようなことでもそこには必ず意味がある。 人と人が関係を紡ぐには、知り合い別れていく時間が必要なのだ。月の光の外にまつろう影のような別れの時間をも。

4か月前

日々の考え

日々の考え

81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8

mana

喜怒哀楽の怒がない世界

人の間で生きるから人間だとはこのことなのでしょうか。 小学生的ド下ネタに爆笑しつつ、生きるとは人生とは、、って自分の衣食住をふと考え直せるエッセイでした。

6か月前

Icon user placeholder93605dd9 cb0d 46dd 86bb ff7582a4aca9