519fwabl%2bsl

ヒーローだった兄ちゃんは、二十歳四か月で死んだ。超美形の妹・美貴は、内に篭もった。母は肥満化し、酒に溺れた。僕も実家を離れ、東京の大学に入った。あとは、見... 続き

コメント

衝撃を受けた数少ない本の中の一冊。声を出して泣いた記憶が。

西加奈子との衝撃の出会いでした。
大きな傷を抱える家族の再生の物語。泣きました。

笑いあり、胸を締め付けられるような苦しさもあり、また、笑いあり。

何といっても登場人物ひとりひとりがたまらなく愛おしい。
西さんは人間臭さを描くのがとっても上手だなぁ。あ、犬臭さもかな。

ある家庭の思い出と崩壊と再生。
ふわっとしている文章なのにどことなく生臭いのは、人間の生をリアルに描いているから、なのかも。
ミキみたいな生き方に憧れるけど疲れそう。笑

本が読みたいと本屋に行って買った本

家族内に悲劇と喜劇は起きる。いつも家族と共に過ごしてきた『さくら』は居るだけで問題を解決してくれて居たんだと思う。それは言葉での意思疎通が出来ない動物のコミュニケーションだからだろうか。
動物はすごいチカラを持っている

読了。
家族を見つめる2番目の兄弟の視点は私と一緒だと思う。違うのは兄をちゃんと尊敬しているところ。

生きる苦悩、喜びを教えてくれる。
さくらの無邪気さ。人はそれに癒される。
家族でセックスのこと話すのは恥ずかしいことだと思っていたけど、そうじゃない。
そして、もっとシンプルに人生を突き進んだらいいんだ。
号泣する本。

上り坂、下り坂。幸せな家族にも波はやってくる。壊れかけた家族に再び笑を呼び戻した愛犬さくら。ラストのたたみかけるような熱さに心うたれる。

高校生の時に何度も読み返した本。
まばゆい光のなかでどろどろとした闇が次第に存在感を増していくような。出口がなくなったことに誰も気付けないでいるような。家族とはこうやってゆっくり解体されていくのだろうか。

大好きな本です。
生きていく上でシンプルで大切だけど、上手く言葉にできないこと、照れ臭くて伝えられないことを、教えてくれます。
こんなに泣いた本は、ないです。
これからの自分の人生が楽しみになります。

「お父さんは、ミキの体を作る素を持っててな、お母さんは、ミキの心を作る素を持ってる。それはな、うーんと好き同士のふたりしか、出し合われへんのよ。」

読者

Eac908e6 1551 4ad2 88e5 bc8d447309a6Da064af1 82f3 4940 98f7 907b6d0a66be0264273e d8bf 4e8f 930e bd3f1a13a8afIcon user placeholder603338b4 baec 4f04 b1f8 a822a230aabb0df5f4d3 7eba 4a66 a641 4541c100da517906208f ba3b 43a8 a3cc 8a5d38c2c66f3b6bd81f b3fb 492d b24a 5ae11b34c771 63人

西加奈子の本

うっとり、チョコレート

うっとり、チョコレート

81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8

mana

喜怒哀楽の怒がない世界

チョコレートを切り口として、エッセイストや小説家、タレントの文章が一堂に会しました!という作品。 勉強になった。 そして、ああ人の感性ってばらばらで雑多でわけわかんなくて、 だから人と話すのは面白いんだなぁと思った。

3か月前

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d2921848361a42b c96a 48a7 b536 1855e6c2d3d6 16
炎上する君

炎上する君

9bf08c61 71ea 457c bc63 c574c7067a2c

ジュニ

サスペンス、ミステリー、推理、ホ…

”この三年間であなたが一番得意になったことは、あきらめることだ。” ”でも今、数々の「あきらめ切れなかった」事々を思い出し、あなたは不思議に思う。”

6か月前

A7c8abbd b462 47f4 a656 42ae5f9218d2F4203be0 41e6 49bd 8c12 dc29baeda02eEf3755db 66f1 4464 b596 09af95625a9f 15
おまじない

おまじない

00262ceb e827 42de bd86 ac14d3202585

ソヤマ

大学生 22歳

まだ読んでいる途中だけど。 帯の「あなたを救ってくれる言葉が、この世界にありますように。」という作者の言葉が、この本を表しているなあと思う。 社会から生み出される「正しさ」は、確かに筋が通っていて圧倒的に正しくて、しかもこのSNS時代、国民総ライター時代には何度も何度も正しさがいかに正しいかぶつけられる。 だからこそ、正しい考え方にしんどくなってしまったり、押しつぶされそうになることがある。その逃げ場として、この本がある。 今の社会に基づいた、現代を象徴する一冊だった。

12か月前

A163ca5f 18b0 48a7 9c9f 17ce4a8f91f8F11ae2d9 53da 4ea1 b9f9 9e32ab412d4eA7c8abbd b462 47f4 a656 42ae5f9218d2 70
絵本 きいろいゾウ

絵本 きいろいゾウ

1f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc56585

yosshy

ただの心臓

登場人物(人ではないものも含めて)がみんな個性的で素敵で愛おしく思えてきます。それぞれがしまい込んだものを持ってる上で現在があって、表面上は見えないけどまだそれが生々しく存在してることがありありと感じられる、そんなお話でした。

12か月前

A7c8abbd b462 47f4 a656 42ae5f9218d27996973f 240d 4bae 8c3e d55d0bbb84907e1d4d07 eea5 4449 adc7 e7d921554619