41nvfcdemel

1979年3月、一人の年若い女性が国家の敵として処刑された。友の無実を知るかつての同級生は、夫と幼い息子との幸せな家庭を捨て、友の名誉回復のため、抗議行動... 続き

コメント

「良心は、生きていくのにどうしても必要なわけじゃない」と言って、生きてゆかなければならない社会。

読者

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241B4c39e33 cdef 49e9 9630 2ec692a56a65

イーユン・リーの本

GRANTA JAPAN with 早稲田文学 03

GRANTA JAPAN with 早稲田文学 03

E4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4

avocado901

読むのは主に翻訳小説だけど、本棚…

「若手作家ベスト11」の中から一編。村田沙耶香『素敵な素材』〜人は死んだら物質になってしまう。だから、温かい生物でいられる時間が愛おしい。本当にそうだろうか?死を忌まわしく思いすぎると、生まで軽んじることになりはしないか?そんなことを考えました。

2年前

独りでいるより優しくて

独りでいるより優しくて

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

裕福な家庭で育った優秀な男子生徒の泊陽、その幼馴染で心優しい女生徒の黙然、彼らと同じ学校に入学するため小艾宅に預けられた物静かな孤児如玉、そして彼らより少し年上の女子大生である小艾。 天安門事件の影響がまだ色濃く残る1989年、なんとか均衡を保っていた彼らは、ある毒物混入事件をきっかけに一人が障がいの残る身体となり、残る3人は沈黙と果てしない自制の檻に閉じこもることになってしまう。 誰が、なんのために被害者に毒物を飲ませたのか? そして他の2人はそのことを知っていたのか? そしてなぜ彼らは全員、ばらばらになってしまったのか? 自分の砦である「孤独」を守り抜こうとする若者と、その残酷なふるまい。 そして彼らは、失われた年月の後に、本当に孤独を手離せるのか…。

3年前

B4c39e33 cdef 49e9 9630 2ec692a56a657df2d362 5e46 4da3 ade1 b2370307f91b3a03af32 960e 42e5 b407 59d6f9872045
千年の祈り

千年の祈り

C15a8782 9534 4cb0 b5eb 5083ea7575c2

salute_salute

チェーンではない街角の古書店、友…

書店で新作を見かけたのをきっかけに、この積ん読本から読み進めている。

約4年前

B4c39e33 cdef 49e9 9630 2ec692a56a65151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241314dff71 eaf5 42ce bd43 bab0471cad01