51zj6mbb1tl

コメント

主人公はスズメという名前しかわからない。年齢も、どこから来たのかも何もわからない。記憶喪失とも違う摩訶不思議な状況で、不思議な街ルテティアに迷い込む。
ルテティアの人々はとても優しい。そんな街の人に呼応するようにスズメの作る料理がとても優しい。何もわからなくてもそれでも何も困ることはないと、優しい人々に美味しいものを振る舞う物語です。
スズメの作り出す美味しそうなお菓子と街の人が作ってくれる美味しそうなご飯は本当に本当に自分で作ってみたくなる…!もう匂いが本から漂ってくる…!現実世界でスズメに出逢いたい!!

その他のコメント

とにかくやさしくて、心地いい。空気感が素敵でこの世界に入りたいとすら思える。
そんなやさしい夢が“さめてしまわないように“願わずにはいられない。

読者

53faee56 087c 4df2 bf35 2817db8d08e2Ada2923b d590 4ba5 b44b a8caf1f8497aF7e82458 8634 486e 822f f94e82c4e1a2Icon user placeholderF518366e 98c4 461f 839e d2bcd474e2ecIcon user placeholderF278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e10ccc15a0 4812 4adf b693 8e3646af2e7d 21人

コミック

孤独のグルメ

孤独のグルメ

0b96158e 2a4b 4f0d b8d9 9c25ace90ca0

松下

食べ物とストーリー性のある本がす…

主人公の食べっぷりがよい!読むとお腹が空くけど心は充実する。

1日前

Fbead338 a133 4bb0 b54e 6ad0ad3e628bCe355c37 d6dd 49dd a50c a03cf152dbe64a802ab9 065a 4d7a 8df6 ad0a4ece460f 8