41kx31t8ekl

「少年A」に人生を変えられた人々の物語少年犯罪の加害者、被害者遺族、加害者を崇拝した少女、その運命の環の外にたつ女性作家。「少年A」は彼らに何をもたらしたのか。 続き

コメント

いろんな人に感情移入してしまい胸が痛くなる。
読むのがしんどくもなるが、もっといろんなエピソードを読みたかった、とも思う。
そう思わせてくれるからこそ、これは面白い本だったと実感する。

その他のコメント

「私はこれから、迷って、悩み、苦しみ、悶えて、書いて、書いて、書いて、そして、死ぬのだ。」

小説家の主人公の感情表現を通じて、窪美澄さんがどういう思いで作品を生み出しているのか、その一端を目にしてしまった。
その一端を知ったことで、このひとの小説をもっともっと読みたいと思った。

いろんなことを、突きつけられて、私の全てを試されたような、そんな気がする。
こんなにも消費する小説は久しぶりで、でも消費してるからこそ入ってくる熱量もすごい。

読者

49b22a81 2650 4153 92f9 d277f36769bd46baaf20 42bf 4f86 9124 fd0063365e04D08c46be f694 44a1 8011 94d357c409b0Da3b1879 4d03 4418 b1a0 b96928ed83e17c7b1b2e b09d 49f0 a714 a549aab2c1497f543922 3de6 47a3 977c 40b24f18176fAd30e989 52f8 4fab b22e c24ad8c5a642E1bcb276 3ad6 4c8c 87fa 8e8b0e77dd5a 46人

窪美澄の本

さよなら、ニルヴァーナ

さよなら、ニルヴァーナ

05d8182e 87bc 48b6 a94a 50615cb7dd38

ひでぽよ

文字が血管を流れて海へと広がるよ…

(文藝春秋 412頁) 『ふがいない僕は空を見た』で骨抜きにされて以来の窪美澄作品。 わずか七歳の女の子を惨殺した十四歳の少年A。そして過去・現在・未来と続く何かしらの因果関係によって その少年Aと運命を共にしてしまう数人の登場人物。何とも救われない物語。苦しく、辛く、耐え切れぬほど虚しく。 しかし、…希望する。 人々のそれぞれの感覚には何かしらの繋がりがあり、実は共鳴しない部分など 無いのかもしれない。しかしそれはあくまで奥深くに流れる“何か”であって、表層的な部分の違いは明確にある。この作品はややもするとその明確な違いがなければいけない表層的な部分すらも漠然とさせてしまう危うさもある。 こんな残虐な物語に希望を感じてもいいのか?人の腹をかっ切り中身を出して見ることと、人の中に鬱積したもどかしさを芸術的・文学的に表現することを繋げてもいいのか?この作品を読んで希望を抱く人間は、確固たる正しさの信念がある人か、少年A等のように常に頭の中に流れ続ける “ニルヴァーナ” と葛藤している危うい人なのではないか。 この本を読みながら何度も挫折しそうになり、しかし何度も希望を見て、最後の最後に音を立てて希望が虚しさに飲み込まれ、しかし窪美澄の独白ともとれるラストに自らを立て直す。それは、 決して心の中に灯された希望などという美しいものではなく、常に手首の輪ゴムをパチ パチと弾き 必死に歯を食いしばり力の入らぬ痙攣する脚で 踏ん張り立ち続ける意地のようなものだ。 窪美澄の不器用さ、生き方の下手くそさに私の父・母性が刺激される。また他の作品も読んでみようと思ってしまう。体力と精神力を必要とする作品だが、気になる方は是非。

25日前

F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacF76b9d0f 1c7f 424c aebe 0f3923ce7741Icon user placeholder 43