41kx31t8ekl

「少年A」に人生を変えられた人々の物語少年犯罪の加害者、被害者遺族、加害者を崇拝した少女、その運命の環の外にたつ女性作家。「少年A」は彼らに何をもたらしたのか。 続き

コメント

いろんな人に感情移入してしまい胸が痛くなる。
読むのがしんどくもなるが、もっといろんなエピソードを読みたかった、とも思う。
そう思わせてくれるからこそ、これは面白い本だったと実感する。

その他のコメント

「私はこれから、迷って、悩み、苦しみ、悶えて、書いて、書いて、書いて、そして、死ぬのだ。」

小説家の主人公の感情表現を通じて、窪美澄さんがどういう思いで作品を生み出しているのか、その一端を目にしてしまった。
その一端を知ったことで、このひとの小説をもっともっと読みたいと思った。

いろんなことを、突きつけられて、私の全てを試されたような、そんな気がする。
こんなにも消費する小説は久しぶりで、でも消費してるからこそ入ってくる熱量もすごい。

読者

D08c46be f694 44a1 8011 94d357c409b0Da3b1879 4d03 4418 b1a0 b96928ed83e149b22a81 2650 4153 92f9 d277f36769bd7c7b1b2e b09d 49f0 a714 a549aab2c1497f543922 3de6 47a3 977c 40b24f18176fAd30e989 52f8 4fab b22e c24ad8c5a642E1bcb276 3ad6 4c8c 87fa 8e8b0e77dd5aAd997c29 98aa 4537 b7bb 1616518318a1 46人

窪美澄の本

さよなら、ニルヴァーナ

さよなら、ニルヴァーナ

E0653cbb dde2 4174 9b68 a3e17d6fe915

ワンダフル

本屋さんと高校野球が好きです。

窪さんの本は今まで何点か読んでいて、新刊を書店で見かけて、しかも最初のページに『書店員』の文字を見つけて、これは!と思って買いました。 内容は、、今まで読んだことのある窪さんの小説とは違ったとだけお伝えします。

9か月前

Ef2bfba1 b495 4f87 845b 37ee3e8a3b01789cbacf 1869 44af b7d7 a7c6cf9821bbC2d6999d 627d 40ac b68a 80aae8485e75 26
じっと手を見る

じっと手を見る

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

淡々とした日常の中の不安と孤独感。よるべのない人たちの話。自分の居場所を探す話。「よるのふくらみ」が好きな方はたぶんこの話も好きなんじゃなかろうか。

11か月前

C9e678ef 9307 4490 90b6 80f0af42a039Fb6d0db5 86e7 4310 9443 85e613d3a816Icon user placeholder 45