Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51z24hckbwl

コメント

P19 ぼくの理解では、商業メディアが最初に取りくむことは、「恐怖を売ること」だ。そして恐怖はぼくらのこころの奥底に不安感を埋めこむ。続いて、消費文化がぼくらに安心を買いもどす方法を丁寧に示してくれる。

その他のコメント

読後の感想としては、賛否半々。

この本を読んでいる間に、2つの映像作品が頭に浮かんだ。

「ファイト・クラブ」
「マトリックス」

の2つ。
ラースンの語り口は、ファイト・クラブのタイラー・ダーデンを思わせる。

過激で、挑発的で、しかし(僕のような反グローバリズム派には)実に魅力的だ。

いや、ラースンの年齢を考えると、タイラー・ダーデンがラースンに似ているというべきかも。

ラースンのフィルタを通すと、グローバリゼーション下の現代の社会に生きる我々は、まるで”マトリックス”の世界の人々のようだ。

手足と思考の自由を奪われ、広告やミームに脊髄反射するよう幼少期から洗脳され、決して満たされる事のない飢え(この感覚すらヴァーチャルなものだが)を植え付けられ、決められたエサを、満足には程遠い量だけ舐める程度に与えられ、さらなる渇望を焚き付けられる。

主張する内容自体には同意できる部分も多いのだけれど、カルチャー・ジャマー的な方法論に関しては、ちょっと眉を顰めてしまう。
正直、まっとうな運動というよりテロ的な印象のものも多いと感じる。

ブランド批判や生産拠点国に於ける児童労働や低賃金労働の問題等にも、同意はできるもののもう少しマイルドでありつつ効果のあるやり方はないのか?と思ってしまう。

グローバリゼーションへの個々人の抵抗として、僕が実際にやっていることは

「コレ以上必要か?」

と、自分自身や周囲に問いかける事。

ブランドを、必ずしも否定する(否定しない必要もないけど)必要はない。
ミームだろうが洗脳だろうが、自分がそれを「よい」と判断したことは確かなのだ。
ただそこで

「ソレは本当に必要か?」

「ソレは本当に自分を豊かにするか?」

「ソレが今自分の手元にくるまでの間にどれだけのコストがかけられ、どれだけの

『本来かかるべきコストの皺寄せ』を受けた人々がいるのか?」

「ソレを作っている・そのサービスを提供している企業は、世界をよりよい地平へ導く可能性が高いか?」

といった部分に意識を向け、OKな時には購入している。
こういう事を言うと家人には

「めんどくさい(そういう事を考える事も・そういう事を考えている僕のことも)」

とか、

「普通そんなこと考えない」

と言われてしまうのだけれど…

手放しでオススメできる感じの本ではない。
著者が振りきれちゃってる人なので、ちょっとついていけない感もあるし、“緑のお豆”とか“海の番犬”とかとの繋がりは個人的にとてもマイナスなイメージもある。

ただ、所々の主張(現代のフェミニストの問題等)には鋭いものもあったりで、鵜呑みにしたり、逆に全否定したりしないで、距離を置いてフラットに読むと、新しい視点の獲得の一助になるかもしれない。

読者

D70bfac7 b50f 4a31 902b bf858029009c4655aef2 4827 4d43 bb10 b2729db320fb

社会

少年の名はジルベール

少年の名はジルベール

Bb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527a

mame3

Books

竹宮恵子と萩尾望都という二人の漫画家、そしてブレーンである増山さんという女性との出会いによって始まった同居は、後に大泉サロンと呼ばれるようになります。 少女マンガの世界を変革したいと叫ぶサロンのメンバーによる熱い議論は、たぶん、今もまだあちこちで解決されていない問題も含んでいておもしろい。 普通でも共同生活は難しいのに、漫画家が二人+サロンに集う漫画家志望の女の子たち。互いに刺激しあえるうちはいいですが、誰かに圧倒的な才能を感じてしまうと厳しくなりますよね。 たった2年でサロンは解散、ようやく読者の目を意識できた竹宮さんも迷路を脱出。本当に描きたかった、ずっと温めていた漫画を描けるようになります。そこまでの戦いもハンパない。 感性だけで描いていた表現から、技術の重要さに気付いて自分の表現を手に入れていく辺りは、読んでいてゾクゾクしました。 往年のマンガファンだけでなく、表現に関わる仕事をしたいと思っている方におすすめ。

約2時間前

00262ceb e827 42de bd86 ac14d32025851f2696fa 76a5 4a6e a1c4 14b532865fd3F37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf9
民主党政権 失敗の検証 - 日本政治は何を活かすか

民主党政権 失敗の検証 - 日本政治は何を活かすか

C42d6697 e1a1 432b 9292 c6b9c7119ea2

天パ太郎

特になし

民主党政権の失敗について、民主党議員へのヒアリングを元に何故ダメだったかを質的に検証している。 少し繰り返しのように見えてしまう部分はあるが、総じて民主党政権失敗の要因と一部分の功績が分かる。 主な失敗要因 ・圧倒的な政権運営ノウハウの不足 ・選挙対策に小沢一郎を入れたことにより、自民党の票田を奪うものの、実現不可能なマニフェストとなってしまうジレンマ 主な功績 ・マニフェストという形で公約を実現したかしなかったを見える化したこと ・子ども手当 ・診療報酬の見直し どうしても自然発生的でないアジアの民主主義の中で、元々の与党がノウハウを蓄積し続けてしまうため、二大政党制が中々根付かないという印象を持った。

2日前

知らなかった! 驚いた! 日本全国「県境」の謎

知らなかった! 驚いた! 日本全国「県境」の謎

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

戦前、明治、時には藩政時代にまで遡り、現在の都道府県境界を定めるに至ったさまざまな因縁を紹介していく一冊。 都道府県境界は、通常河川や、山の分水嶺を起点として定められるが、歴史上の各種経緯により、びっくりするような例外事項が生まれている。 ネタ的に面白さの白眉は、幅1メートルの県境が新潟県と山形県の間に突き刺さった、延々7キロ以上も続く福島県の盲腸県境だろう。これは盲腸県境の末端にある飯豊山神社が古来から福島県側の信仰対象であったことによるもの。 地理好き、地図好きな方なら楽しく読める雑学本だと思います。

8日前