418uxr8bxtl

死はなんでもないものです。私はただとなりの部屋にそっと移っただけ。-永別のかなしみをいやす、42行の言葉。 続き

コメント

亡くなった方を想い、悲しみを抱いている人に出会ってほしい本。
一行ずつ綴られていく詩が、
やさしい。

その他のコメント

わたしは今でもわたしのまま。
そうだよなあ、そうだよね。そんなかんたんなこと、どうして忘れちゃうんだろうね。

読者

B81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f471e6b2db 7e99 449e b476 de55f5908e9538aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a219b55a4b9 37db 41d2 92fa 8508e79469f700a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd1068e29a9f 8219 4940 89ce 92ad42cfc13cCe28e02c 9ada 481f 9277 f0f0636950f55b6b314f 80a1 4eab 8f43 7a896e4c698c 8人

文学

ぼくはぼく

ぼくはぼく

D75136a9 b4f4 46d0 8014 ed40eb1e53e3

jun

osakaJAPAN

詩集を読むのは久しぶり。 谷川さんのやさしい言葉に心が満たされるし、ストンと落ちる。 一番最初の詩は感動して声に出して読むとジンときました。 静かな場所で、自然がいっぱいの場所でゆっくり読んで欲しい。

2日前

21617686 b69c 4920 ba25 bf1d3cab75ff288207b6 e0b2 46ea a99f a579758832de