418uxr8bxtl

死はなんでもないものです。私はただとなりの部屋にそっと移っただけ。-永別のかなしみをいやす、42行の言葉。 続き

コメント

その他のコメント

わたしは今でもわたしのまま。
そうだよなあ、そうだよね。そんなかんたんなこと、どうして忘れちゃうんだろうね。

亡くなった方を想い、悲しみを抱いている人に出会ってほしい本。
一行ずつ綴られていく詩が、
やさしい。

読者

B81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f471e6b2db 7e99 449e b476 de55f5908e9538aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a219b55a4b9 37db 41d2 92fa 8508e79469f700a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd1068e29a9f 8219 4940 89ce 92ad42cfc13cCe28e02c 9ada 481f 9277 f0f0636950f55b6b314f 80a1 4eab 8f43 7a896e4c698c 8人

文学

ネット断ち

ネット断ち

Icon user placeholder

あーさん

40過ぎて、読書に目覚めました

タイトルに騙されるなw ネットを止める方法じゃない。ネットに繋ぐ時間を減らして、もっと読書しようよ!って話。 どんな風に本を読んでいくのか、なぜ読書が必要か。身近な例えで分かりやすく説明してくれてます。

約21時間前

ひかりのいと 朗読のための自選詩集

ひかりのいと 朗読のための自選詩集

2b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855b

_lilysan__

時々、読書

人に、生活に、自分に、恋をするとはこういうことなのだ。たくさんの詩の中には、それぞれの時間が流れていて安心感がある。ベールに包まれたような不思議な感覚も感じる。〝夜の窓から世界が見える ものごとにはいろいろな側面があって ダイヤモンドのように どこから見ても光る どんな暗闇でも ほんのすこしの明るさがあれば〟孤独でありとても孤高。

1日前