51zk%2bpzttdl

発行元から

映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』の公式設定資料集。

巨匠イラストデザイナー・吉田明彦(『グランブルーファンタジー』『ファイナルファンタジー』など)によるキャラクター原案や、
本作のキャラクターデザイン・総作画監督を務めた石井百合子(『凪のあすから』など)によるラフスケッチ、設定画、
美術設定・コンセプトデザインを担当した岡田有章(『翠星のガルガンティア』)による美術設定画を掲載。
全世代、男女を問わず人の心を揺さぶり、感動の波を起こしている映画に登場する、
個性豊かなキャラクターたちやプロップ、美術の貴重な画稿を多数収録しています。

【映画の紹介】
岡田麿里(『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたかってるんだ。』脚本)初監督の作品。
あらゆる世代の人生を映し出す“出会い”と“別れ”を描いた珠玉の物語。
流れ行く時間。その中で出会った少女と少年。ふたりの生きた“永遠の一瞬”は見る人の人生を問い、大きな感動をもたらす。

【映画のストーリー】
縦糸は流れ行く月日。横糸は人のなりわい。
人里離れた土地に住み、ヒビオルと呼ばれる布に日々の出来事を織り込みながら静かに暮らすイオルフの民。
10代半ばで外見の成長が止まり数百年の寿命を持つ彼らは、“別れの一族”と呼ばれ、生ける伝説とされていた。
両親のいないイオルフの少女マキアは、仲間に囲まれた穏やかな日々を過ごしながらも、どこかで“ひとりぼっち”を感じていた。
そんな彼らの日々は、一瞬で崩れ去る。イオルフの長寿の血を求め、レナトと呼ばれる古の獣に跨りメザーテ軍が攻め込んできたのだ。
絶望と混乱の中、イオルフ一番の美女レイリアはメザーテに連れさられ、マキアが密かに想いを寄せる少年クリムは行方不明に。
マキアはなんとか逃げ出したが、仲間も帰る場所も失ってしまう……。
虚ろな心で暗い森をさまようマキア。そこで呼び寄せられるように出会ったのは、親を亡くしたばかりの“ひとりぼっち”の赤ん坊だった。
少年へと成長していくエリアル。時が経っても少女のままのマキア。同じ季節に、異なる時の流れ。変化する時代の中で、色合いを変えていく二人の絆——。
ひとりぼっちがひとりぼっちと出会い紡ぎ出される、かけがえのない時間の物語。

の本

日本懐かしボードゲーム大全

日本懐かしボードゲーム大全

04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca

Taraco-Sell-たらこせる

nigata-saitama,m…

タカトクの戦国武将ゲームが入ってない、ポケットパンチもなぜか取り上げられていないのでやりなおし。というか、70年代、それぞれのブランドにも佳作もあれば出来の悪い作品もあり、個人の判断でも構わないのでベスト5とか明示してもよかったのでは、と思った。

約1年前

東京ヤミ市酒場 飲んで・歩いて・聴いてきた。

東京ヤミ市酒場 飲んで・歩いて・聴いてきた。

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

自称「路地徘徊家」が戦後のヤミ市をルーツとする酒場を案内した本。グルメガイドのようなタイトルだが殆ど紀行文学と言ってもいいと思う。取り上げられている街というか横丁は新橋、新宿、渋谷、池袋、大井町、神田、赤羽、西荻窪、吉祥寺、溝の口、横須賀、野毛、船橋。それぞれのルーツを昔を知る人に取材したもの。内容もそれぞれ興味深く素晴らしいのだが黒地秀行さんの盛り場を描いたイラストレーションが素晴らしい。これは画集としても手元に置いておきたくなった。

1年前

さよならの朝に約束の花をかざろう 公式美術画集

さよならの朝に約束の花をかざろう 公式美術画集

19827526 a639 4044 9981 d86c526cb750

Masahiro Kishi

書店現場購入主義

東地和生美術監督のさよ朝裏方の美術画集。アニメ美術で最も影響を受けた。アニメの世界にとどまらず、文字やニッコリマークのデザインにも衝撃を持って。さよ朝の映画は3回、今後地元でも上映が予定されており見れれば4回(うち試写会1回)見れることになる。友達から広島で東地美術監督が登壇された際、色は多く使ったが今回は黒も多く使った。だが、その中に暖かい黒があるので探して欲しい、とコメントがあった。暖かい黒。それはどんなところで使われたのだろう。本書を読むなり映画を見るなりして探したいと思う。

1年前