610vt6tt7 l

ヘイゼルは十六歳。甲状腺がんが肺に転移して以来、もう三年も酸素ボンベが手放せない生活。骨肉腫で片脚を失った少年オーガスタスと出会い、互いにひかれあうが…。... 続き

コメント

「虹を見たければ雨を我慢すべき」
とても素敵な言葉が出てきます。
悲しい話だけど とても心に響く本だと思います。

その他のコメント

イラストの表紙と邦題が好きなんだけれども〜!出版されてすぐ3回読み返した。何度でも読み返したい。映画もちょっと気になっている。

英語講師に勧められたので、手に取ってみた。ティーン向け恋愛小説の体裁でこのテーマをとても丁寧に描いていて、不覚にも目が熱くなった。

読者

A5ad5441 0ade 4cc6 ad6a a0ecb40814918d327017 833d 4b39 9f67 b8cb49961d096c9f0df8 4824 4398 82f9 63f68d7f851c73ac06b6 21d9 4caf a466 e0efb35a16735e6a7c73 6b65 4d42 b07b a73eb7fc2f41Fa8448b4 f8b2 42e4 96c9 25345ba78bb79ed768a6 3eb3 4ae2 95e3 046a998e6635036d9322 352e 466b a569 2fc52ab8f77d 16人

文芸

女たちのアンダーグラウンド

女たちのアンダーグラウンド

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

 戦後横浜の光と闇」山崎洋子著亜紀書房、横浜は港町という特性から古くから様々なルーツを持つ人々を受け入れてきた。いや受け入れてはいないそこには差別を含む哀しい歴史もあった。その状況でも一歩一歩進んでいくこの町を本書は書いている。 黄金町ガード下に存在していた違法風俗「ちょんの間」は2000年代前半に行われた浄化作戦によって壊滅してその跡地をアートの街として再生を図っているが2019年現在、全く静かすぎる活気のない一体となってしまった。行政がおぜん立てしその意向に沿うものだけを認める官製アートの限界が如実に表れている。批評なき芸術は果たして芸術と言えるのか。もちろんプロパガンダ作品にも優れたものがあるとはいえそんなことを問いかけてくるハマの黄金町ガード下を今日もぶらりと通過。 補足すると地元の人もアートが最適解とは考えておらず 過渡期的状況とは捉えているよう。

約16時間前

メルカトル

メルカトル

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

リュスという青年の、控えめすぎる生き方。フンワリとした不思議な事もリュスによってより、取り留めのない不思議になっていく。 まとめればロマンティックラブストーリーなのだけれど、それだけでこの本は表現出来ない。なんとも、節目のない物語なのだ。

約23時間前

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdIcon user placeholder
サブマリン

サブマリン

62f74644 2d77 4649 b9b3 081373fb01e3

nana

社会人三年目

2019-5-19 読了 陣内さんすき!! チルドレンを読んだのはだいぶ前だから 読み直したいな、と思った 読んでないのあるのに、すぐ伊坂さんに手を出すよね〜

約23時間前

D3e4c275 4ddb 4e6d 82d6 df5fe724e79e9af5a9ff e1a6 4f2f bb4a 9751bf1f90b5Icon user placeholder 13