51 olvkzsrl

ピアニストを目指す遥、16歳。両親や祖父、帰国子女の従姉妹などに囲まれた幸福な彼女の人生は、ある日突然終わりを迎える。祖父と従姉妹とともに火事に巻き込まれ... 続き

コメント

音楽に関する造詣が深い人ってかっこいいよなぁという憧れから読んでみたが、驚くほど面白かった。

ピアノが弾けない私ですが、”熊蜂の飛行”の演奏場面は思わず手指を躍らせたくなるほど夢中に。

5/29

すごく面白かった。
さすが、って言葉が1番先に思い浮かんだ。

読者

D7eec114 a3ba 4eb2 95c4 0faddf5b125e89f691a9 f020 41fa b05f 5e39ad0486e8Icon user placeholderA209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc656B2ad83d8 5ff7 47e9 99e4 d699b3b88da3Fb356ba6 9a6c 41fb 8343 c02b8dc864f50420772e c60d 4fd6 9c27 2e7a94eaee31Cee21314 e726 4b3e 85c4 736c9e153129 77人

中山七里の本

作家刑事毒島

作家刑事毒島

Akiaivjyeuyp25rambwa

アルテシマ

本と本棚好き。

うーん、痛快でもあり、不快でもある笑 評判良さげですが個人的にはちょっとクドいかな。あまりにもパターン化してる。

2か月前

連続殺人鬼カエル男ふたたび

連続殺人鬼カエル男ふたたび

247d0cda 45d3 43e7 9daa e56b7e0783f5

HR

マンガ好きです。

刑法三十九条について、このシリーズでは考えさせられる。 その答えは、とてもじゃないけど簡単に答えは出ない。 そして被害者は加害者だけでなく、心無い世論の声とも戦わなくてはいけない。マスコミ含め。 「世の中で本当に残虐無比なのは実際に手を下した犯人よりも、こうした有象無象の匿名者ではないのか。被害者側に多大な心痛を与えた名無しの卑怯者たちには何の罰も科せられないのだから、見方によってはこちらの方が数段悪質とも言える」 そんな文章が印象的だった。 これは、イジメにも通じるものがあると思った。 傍観者は時に罪だ。 …それはさておき。 勝雄の事を思うと、切なく感じました。 あと、さゆりさん…何者なんだ、一体⁉︎ ラストがもう絶対続編決定で、「何だ、この終わり方っ!」と思いました。 勿論、続きも読みます。

4か月前

Icon user placeholderE2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baecD4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a