51076tyqypl

1991年4月。雨宿りをするひとりの少女との偶然の出会いが、謎に満ちた日々への扉を開けた。遠い国からはるばるおれたちの街にやって来た少女、マーヤ。彼女と過...
続き

コメント

いささか古い本ですが、文句なく面白い。
日本の地方都市で、地元の高校生たちと、ユーゴスラビアから来た女の子が出会い、ともに時間を過ごしていく。
ときはユーゴスラビアの国々で内戦・独立戦争が起こるまさにその時、少女は理想を夢見て国へと帰るが、、、。
青春小説としても一級品。

★5 滋養のある文章。なんだか染み入る。散りばめられた謎解きに頭の体操をしつつ、知らない知識や熟語もたくさん出てきて、こんなに高校生が知っているのかなと思ってしまった。頭の栄養になる。でも読みやすい。

きっと心の栄養にもなる。そんな本だと思った。

東欧のことをまるで知らなかった自分と、主人公がダブる。住んでいる世界が違う、という言葉があるけれど、この作品はまさにその違いを新鮮に拾っていく。住んでいる世界を閉じるのも広げるのも自分。私は閉じたいか、広げたいかと思ったら、この本を読んで、広げたいと思った。また英会話でも頑張ろうかな…

この結末、余韻には参りました。想いと想いがぶつかること。青春。

一九九一年、日本。ユーゴスラヴィアからやってきた少女マーヤ。田舎の高校生、守屋路行・太刀洗万智らと出会い、様々を学び、数ヶ月後、祖国へと帰って行った。戦場と化した祖国へ。そして残された守屋は。
現在、ユーゴスラヴィアという国は地図上にない。全能感と無力感を米澤穂信はとても残酷に描く。
個人的に特別な一冊。

えるたその名前の由来が書いてあるとのどこぞの書き込みにつられて読んでみたが、なかなか重たい小説だった。後半のパズルは読み応えあります。

ミステリーにして青春小説と言える。パズルのような謎解きと、そしてラスト。太刀洗シリーズに魅せられ手にした本書。期待を越えた仕上がりに感動すら覚えた。

読者

Fdd21047 a80d 4bf5 ab8d 014cae525a963f62d35f 26d8 45da a47d 17332261a9b7Icon user placeholderIcon user placeholderD664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093Eae20dc9 4ff6 4b67 96b1 fce2d79b1823242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaa 42人

米澤穂信の本

儚い羊たちの祝宴

儚い羊たちの祝宴

7d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf

じゅんた

ひとこと備忘録 ハードカバーが好…

Finishing strokeにこだわって作られたらしい、つまりミステリの短編集 「バベルの会」というキーワードで全ての短編が繋がっていて、全ての作品が暗くてとりあえず誰かが死ぬ。それも普通ではない殺され方、かといってミステリ好きからしたら目新しい殺し方ではないかも(自分はあまりミステリを読まないのでわからないが) ひとつひとつの短編は引き込まれるものがあるし、何かしらの知識がないと書けるものではないと思った

8か月前

3685983e 5f00 40ff bd7b fbf4fbb27dcc03063eb4 0433 46e1 a85a 554b52f22349Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b 9