Btn appstore Btn googleplay
51076tyqypl

1991年4月。雨宿りをするひとりの少女との偶然の出会いが、謎に満ちた日々への扉を開けた。遠い国からはるばるおれたちの街にやって来た少女、マーヤ。彼女と過...
続き

コメント

えるたその名前の由来が書いてあるとのどこぞの書き込みにつられて読んでみたが、なかなか重たい小説だった。後半のパズルは読み応えあります。

その他のコメント

いささか古い本ですが、文句なく面白い。
日本の地方都市で、地元の高校生たちと、ユーゴスラビアから来た女の子が出会い、ともに時間を過ごしていく。
ときはユーゴスラビアの国々で内戦・独立戦争が起こるまさにその時、少女は理想を夢見て国へと帰るが、、、。
青春小説としても一級品。

★5 滋養のある文章。なんだか染み入る。散りばめられた謎解きに頭の体操をしつつ、知らない知識や熟語もたくさん出てきて、こんなに高校生が知っているのかなと思ってしまった。頭の栄養になる。でも読みやすい。

きっと心の栄養にもなる。そんな本だと思った。

読者

Icon user placeholderIcon user placeholderE34c36cf 4c3f 4c0d 90d4 34d2aa6aac42A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc656B4fe19ef 0d2f 4abd 88a8 472a8a4865d8D67a3007 07c1 4d46 b268 0d3c3deb068e6ccbbf35 c0dc 4d81 85fb 55865f7cce0666b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34a 59人

米澤穂信の本

秋期限定栗きんとん事件 下

秋期限定栗きんとん事件 下

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

「小市民」シリーズ第三弾の後編。 ミッシングリンクの処理が良い。我鍋に綴じ蓋。「体温上がる」一作でホントこの二人大好き。 マロングラッセと栗きんとんの比喩が好き。続編を待ち続けて幾星霜。『巴里マカロン』が出たけど、時系列的には前の話なのかな? 冬期が出るとするなら、二人を「すり潰すような強キャラの登場が必須だと思う。

5日前

Icon user placeholderIcon user placeholderE34c36cf 4c3f 4c0d 90d4 34d2aa6aac42 18
秋期限定栗きんとん事件〈上〉

秋期限定栗きんとん事件〈上〉

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

「小市民」シリーズ第三弾。秋という割には1年間通して進行するシリーズ初の長編作品。 小鳩くんと小佐内さん、自意識過剰気味な高校生のお話。拗らせてる感じが堪らなく好き。シリーズ中でも特に好きな作品。

5日前

Icon user placeholderE34c36cf 4c3f 4c0d 90d4 34d2aa6aac42Dd56be2c 1bc9 4001 87d0 1b8efcf61d12 19
夏期限定トロピカルパフェ事件

夏期限定トロピカルパフェ事件

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

小佐内さん流石にそれは! 甘いだけではない二人の関係に変化が訪れる。 自意識過剰気味のふたりの関係性の移ろいが面白い。 人間本来の性質は、なかなか隠しきれないもの。抑えつけようとすると、こういう風に暴発してしまったり。

14日前

Ecc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b4794Icon user placeholderIcon user placeholder 23
春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

久しぶりのシリーズ続編『巴里マカロンの謎』が出たので、十数年ぶりに再読。もはや保護者のような気分になる。 あと少し経つと、この話のメイントリック?には「註」が必要になってくるかもしれないね。

16日前

Icon user placeholderIcon user placeholderE34c36cf 4c3f 4c0d 90d4 34d2aa6aac42 41