51076tyqypl

1991年4月。雨宿りをするひとりの少女との偶然の出会いが、謎に満ちた日々への扉を開けた。遠い国からはるばるおれたちの街にやって来た少女、マーヤ。彼女と過...
続き

コメント

えるたその名前の由来が書いてあるとのどこぞの書き込みにつられて読んでみたが、なかなか重たい小説だった。後半のパズルは読み応えあります。

その他のコメント

いささか古い本ですが、文句なく面白い。
日本の地方都市で、地元の高校生たちと、ユーゴスラビアから来た女の子が出会い、ともに時間を過ごしていく。
ときはユーゴスラビアの国々で内戦・独立戦争が起こるまさにその時、少女は理想を夢見て国へと帰るが、、、。
青春小説としても一級品。

★5 滋養のある文章。なんだか染み入る。散りばめられた謎解きに頭の体操をしつつ、知らない知識や熟語もたくさん出てきて、こんなに高校生が知っているのかなと思ってしまった。頭の栄養になる。でも読みやすい。

きっと心の栄養にもなる。そんな本だと思った。

読者

A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc656B4fe19ef 0d2f 4abd 88a8 472a8a4865d8D67a3007 07c1 4d46 b268 0d3c3deb068e147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e6ccbbf35 c0dc 4d81 85fb 55865f7cce0666b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34a406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e970b85626e bc23 4e2b ad3b 5dc873d552f2 57人

米澤穂信の本

いまさら翼といわれても

いまさら翼といわれても

19827526 a639 4044 9981 d86c526cb750

Masahiro Kishi

書店現場購入主義

『連峰は晴れているか』を除き、2年生古典部員の短編で綴った文庫版。前に発刊されたハードカバー版と話に変わりはないものの、あとがきが追加されており、昔話をされつつもキャラクター達が通らなくてはならない通過点を通ったとのこと。次なる通過点(新作)が楽しみだ。

6日前

Icon user placeholder48a16577 8d97 4cdf ae05 8bc6398519826c876b72 6e94 463a 9040 7d8cef6d61b6 9
追想五断章

追想五断章

359f49d4 c3a3 4dbf 8349 d1a93fcfac74

暇人

本の感想を書く場を求めて

見逃していた米澤穂信の作品。 古書店の店員である主人公の元に、ある日寄せられた奇妙な依頼。それは、今は亡き無名の作家が残した5つの短編を集めて欲しい、というものだった。 報酬に釣られて引き受けた主人公だったが、集め始めた短編にはある家族に纏わる秘密が隠されていた。 といったあらすじ。 メインの推理は中々の面白さ。作中作として5つの短編もしっかり書かれる所が面白く、その分作者の苦労が偲ばれる。 そして「追想五断章」という名の通り、5つの断章についての追想、といった趣のある作品だった。作品を探す主人公はたしかに主人公なのだが、過去の事件と今の自分には何も関係が無い。それを思う主人公は、きっと羨望すら感じていただろう。 劇的じゃ無くても人生は続く。毎度の事ながら、今回もほろ苦さを噛み締めつつ読了。

4か月前

2a7b10e5 10ef 4150 b84e c37652fb59dd136aee2f 5d52 40ac a350 633a63075b50F38c1168 5758 46e2 87e9 cedb5ff8b863 9
ふたりの距離の概算

ふたりの距離の概算

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

古典部シリーズ五作目。 ここからは非アニメ化部分かな。 せっかく古典部に入部してくれそうだったのに、誤解が誤解を招いて、退部してしまいそうな一年生をなんとかする話。 さんざん省エネ主義を標榜しておきながら、こと千反田案件となると俄然本気出してくる折木君がステキ。マラソン大会中に事件を解決してしまうとか神業に近い。 米澤穂信作品らしく、タイトルには複数の意味合いが込められており、物理的な距離以外に、多くの人々の心の距離も推し量っていく進行が上手い。

6か月前

3d955df8 85ac 48a3 8500 f08c77ad5f9467565ccb 43e9 45ae 83b1 e430aa548526Icon user placeholder 11
リカーシブル

リカーシブル

359f49d4 c3a3 4dbf 8349 d1a93fcfac74

暇人

本の感想を書く場を求めて

本の帯に「ボトルネックの感動ふたたび」とあったので警戒しながら読んだ一冊。 主人公はまだ中学一年生という若さで苦難に直面し、小学三年生の弟は弱虫で生意気で、引っ越してきた町は不気味。 読み進めるほどに曖昧だった不安の正体がはっきりとし、ついで主人公の現実にも危機が迫る。しかしボトルネックの時と違う最大のポイントは、「生きる意志の強さ」とでもいうべき力が今作の主人公にちゃんと備わっていたということ。 未来は不透明だし不安要素ばかりだけれど、作中の謎を解き明かす頭脳と根性と優しさがあるから、主人公はきっと大丈夫だ。強く生きてくれ。

7か月前

Bdd46f07 fa2c 4d7c ad5f 7fe1b1b3f1e0De5c01bf 2b83 4755 99f9 18de2446f56e3b3a5be6 038f 4a8b af45 26b9592bb153 18