519pwnrhe2l

緑豊かな桂川渓谷で起こった、幼児殺害事件。実母の立花里美が容疑者に浮かぶや、全国の好奇の視線が、人気ない市営住宅に注がれた。そんな中、現場取材を続ける週刊... 続き

コメント

加害者は簡単に許されても、被害者は許されないって矛盾、そうかも、そうかもなあって思えて印象的だった。
一気に読めてしまう、吉田修一。

禁断の関係にある男女の、複雑な愛情、純情、共依存。彼らだけが分かる「さよなら」の意味に、心が震える。

吉田修一の描く人物たちはひたすらに生々しく、いとおしい。それなので、いたずらの延長のように書かれた事件が、なんかしょうがなかったなと思うほどで...

いわゆる普通の暮らしなどいつでもできると思っていたはずなのに、いざ、放り出された瞬間に、普通の暮らしというものがどれほど自分たちとほど遠かったのかを思い知る。95

読者

Ddf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1eFcfce7fe 5b25 4fd2 ad1b 823611af194f0cc66c8c edb4 4949 bc0e 7b0cb5a4e4089e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b75945378a45888 7582 4a41 bb42 b6ae08bbaf5a0629c3ec bdba 462b b371 01bd30463422151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241E9f19941 aa8b 4782 82b1 0df464084d5e 23人

吉田修一の本

国宝 (下) 花道篇

国宝 (下) 花道篇

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

全てを捧げるということは、全てなんだろう。だんだん喜久雄に形が無くなっていくようだった。 芝居にかける情熱は、赤く燃え上がり、青くかがやき、白く発光していく。 演台で語る語り部の長い話を聞き終えた気分だ。 最後にチョン!と拍子木が聞こえた。拍手は三代目に。

3か月前

F4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966c0539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468eeAa6ee617 096b 475d 9630 7cd5abb3890c
国宝 (上) 青春篇

国宝 (上) 青春篇

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

活弁士が語ってくれるような、喜久雄の青春時代。映画のコマが流れるように、芸の道を懸命に生きる若者達の姿を映します。

4か月前

Icon user placeholderF4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966c8511289b 8a2d 4fa4 8680 b8977f191636 13