Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
519pwnrhe2l

緑豊かな桂川渓谷で起こった、幼児殺害事件。実母の立花里美が容疑者に浮かぶや、全国の好奇の視線が、人気ない市営住宅に注がれた。そんな中、現場取材を続ける週刊... 続き

コメント

吉田修一の描く人物たちはひたすらに生々しく、いとおしい。それなので、いたずらの延長のように書かれた事件が、なんかしょうがなかったなと思うほどで...

その他のコメント

加害者は簡単に許されても、被害者は許されないって矛盾、そうかも、そうかもなあって思えて印象的だった。
一気に読めてしまう、吉田修一。

読者

E51916b3 c90b 45be 81df 9a242cc8b87a791f6a10 659c 4d6b 88f5 add02bc00a76120b5323 d0bf 43ac 94d3 37b457577b07036d9322 352e 466b a569 2fc52ab8f77dAd9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee177961d13 3002 4ed3 8a75 ace9dabe17d3F6dfa475 f015 477a a2a7 177e44d57124093eea17 5e31 4055 8afd 77cfafd1a30d 14人

吉田修一の本

515471f16cl

東京湾景 (新潮文庫) 吉田修一

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元/皆様よろし…

品川駅港南口の再開発が進み、お台場がまだあこがれの場所としての地位を保持し、りんかい線が大崎まで開通して東京西部からのアクセスが格段と良くなりこれから更なる発展を遂げるであろう願望があった時代の物語。 アクセルをふかして時速30キロまで行ったところでエンジンを切り 惰性で岸壁ギリギリまで進むチキンレースの場面は芸術映画のワンシーンのようで若き吉田修一ならではの描写。 単行本のカバーはお台場の砂浜に1組のカップルが座り込みレインボーブリッジと対岸の東京の町(ビルがまだそこまでない!)を望む。 ラブストーリーというよりは2002年後半ごろの時代の風景が上手く切り取られている風俗小説として読んだ。 #お別れする本

約1か月前

E765d9b7 e2e4 458e aee7 996c28e32e40Eddf49ba 0bb2 4e6a 882f 708daa35bd4e5b407412 d23a 48a0 911c 339ff1444904
511v5kq1eml

女たちは二度遊ぶ 吉田修一

Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1

マシマロウ

若い頃は若い連中が読まないものを…

それなりの年齢になり、それなりの経験を積んできたはずなのに、こんなにも違うものなのか、驚かされる。解説にあるのだが、著者インタビューで吉田氏は「初めて何かを思い出そうとして書いた作品だった」と語られたそうだ。こんなに違うものとは、「思い出そうとして書ける」ものの質と量である。 『……の女』というタイトルがつけられた11編の短編が、並ぶ。決して女性礼賛というわけでもなく、かといって興味本位の女性品評会的なノリでもない。平均的なラインからはかなりかけ離れた女性たちは、その中で確かに息づいて生きている。吉田修一氏の手腕である。 個人的には、最後の『最初の妻』という作品が心に残った。リアルな年齢からいちばんかけ離れた13歳の少年の話で、だからこそ逆説的な意味で自分の身体感覚を刺激し、最も等身大の自分と重ねることができたように思われる。

約1か月前

14ac1dd3 5a85 4954 8ca6 b1982809aecc2b7cc37e be2d 492e 8edb fe70557bb3a0290f6a44 ff25 4b35 9fc8 6a45b5fb73ea
51yz8qz1vyl

日曜日たち 吉田修一

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元/皆様よろし…

5つのストーリがある接点で繋がる連作群像劇、まだ小さい兄弟の純粋なまなざしとやりきれない現実が突き刺さる。 最終話「日曜日たち」のあるきっかけで強くなっていく女性と小さな兄弟のその後に救われる。弱きものにしか暴力を向けることができない人間がいるのも事実。2003年夏中村橋書店にて購入。#お別れする本

約2か月前

705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5B7046994 a210 4848 b410 2d8222c486ae562d0a4a cc5c 44ac 8bd7 55e9d865b49a 10
51jlmwnrjxl

キャンセルされた街の案内 吉田修一

Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1

マシマロウ

若い頃は若い連中が読まないものを…

「パレード」から「悪人」まで、著者10年のエッセンスがつまった短編集。と、帯にある。はたしてエッセンスなのかな、というのが正直な感想。しっかり、読み込めば、わかるのかもしれないが。短編集としては、題材、文体、そして感触がまちまちでつかみきれなかった。 通奏低音のように響く、ムードみたいなものはある。そしてそれがこの作者の様々な作品に結実したんだろうな、というのもわかる。 結局、吉田修一という世界の入り口としては難しい一冊だという気がした。

3か月前