Btn appstore Btn googleplay
51okqs0frnl

1955年、共産党第6回全国協議会の決定で山村工作隊は解体されることとなった。私たちはいったい何を信じたらいいのだろうか-「六全協」のあとの虚無感の漂う時... 続き

コメント

節子の最後の手紙くりかえしくりかえし読んだ

その他のコメント

表紙に、むかし撮影した、東京大学駒場寮の写真を提供しています。

読者

C43b5c94 5495 47df bffd 8b5d3fe56778151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241861d9847 5519 41a1 8821 670f7b8980c36bcc80d6 103b 4757 8705 6b5c52e76b7b0731509b 1626 4bd2 a788 59dbc54a3cba 5人

文庫

輝く夜

輝く夜

F58430f1 de0e 47fc af25 b336342c4be9

yuji

30代

毎年聖夜に読みたい! 本気でそう思えたしそれで希望を持たせてくれる内容だった

2日前

75d408dc fcea 4830 8cad 45a406228042Cf2696c2 2b3a 4fd6 9146 4fa873b175276c9f0df8 4824 4398 82f9 63f68d7f851c 19
男はお金が9割: 人生の本質をつかむ男の哲学

男はお金が9割: 人生の本質をつかむ男の哲学

Bf7b6cac ec2c 42a1 8c3d e94159cf5c97

nebe

本好き

この本の考え方は賛否両論あると思う。 日本人は"お金"の話に距離を置いてしまうが、著者が述べているストレートな価値観は間違ってない。 お金を集める男には、その結果に見合う魅力と自信と努力がある。 素直に勉強になった。

2日前