51uar jihwl

奇妙奇天烈、摩訶不思議。一度ハマれば抜け出せない、ユーモア・ニューワールドへようこそ! わたしはニホーン国のエリートスパイ。だが、どこでしくじったのだろう... 続き

コメント

読者

3ed9eefb d1b8 4b47 b34d 213a0340ad431ce66cef 5ab1 4469 822d 9998a22c10a3F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113774e46cf 8ca0 4737 8faa 1bc2305b2958Icon user placeholder7e4f6841 2bd6 4a4a a7e4 4f1cd15e4e5d 6人

一條次郎の本

レプリカたちの夜

レプリカたちの夜

417d400b 6de5 445e b47c 5122f205665f

まいむ

修士1年 理系

不思議な物語、こんなにワケわからないものも久しぶりだった。批評家の方々が口を揃えて言うように、確かにミステリーではない。ミステリーではないが、もっと巨視的なこの世界を俯瞰したときの謎が、この本の中に投影されているように感じた。

12日前

8878da00 00f9 4f14 aaec eca7195cf316Ceee7ead 53b4 4e8b 94bf b91e95ea3dd6Eb552d48 dd94 4640 ab00 366b6d191d66 9
レプリカたちの夜

レプリカたちの夜

5838b434 ebdd 417d b446 f0a18cdcf982

NICK

好きなジャンルは?と聞かれると推…

伊坂幸太郎さんほか著名な作家さん達の帯コメントと装丁に惹かれて手に取って見ました。 ポップな表紙とは裏腹に、不条理小説のような訳の分からなさが物語のベースに常に横たわり、日々の現象としてはミステリー小説のような出来事、あるいはSFやホラー小説のような地球の摂理を無視したようなことが起こります。 特筆すべきはそれらが回収されないことなのですが、レプリカという単語がそれらを支えています。 (支えきれていないこともいくつかあるにはあるのですが…) 例えば推薦されている伊坂さんの作品を例にとると、オーデュボンが好きな方はわりとすんなり、ラッシュライフやゴールデンスランバーのようなスピード感、鮮やかな伏線回収、といったものが好みの方はかなり悶々(笑)とする一冊だと思います。

3年前

C0b4ca84 5408 4213 9d2b f5140a7a0710D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe0