412qyzwvvjl

コメント

「あさまで ひとつ
おたのみします」
「おっかないゆめを
みませんように」
「まかせろ まかせろ
おれに まかせろ」
( ↑本文引用 )

しきぶとんさん
かけぶとんさん
まくらさん は
たのしいときも
かなしいときも
いつも寄りそってくれる
あたたかい そんざいだ!
あたたかすぎて目覚めの
後5分が延長しまくるが
私の代わりに この本を
寝かせて仕事にいくぞー

ほんと
いつも いろいろ ありがとう
これからも 末長く よろしく
おねがいいたします なのだ

その他のコメント

まかせろ

まかせろ

おれに まかせろ

なぜだか、泣きそうになるのだ。
安心、安心、と、あたまをやさしくなでられるかのような。

読者

4b43b316 6655 41bf 98f4 c02c783513fc5e694f19 cb89 4f59 893f 467e27231afc4f83c3e7 22f2 4298 80af 1e325de168a62293e5aa 24ce 4093 bccc d5c73982411dE993818b 6a72 497b b510 4f53ee2f74fc9fcbe55c 537c 420f a3b6 dff5370ebeab3bed27aa 14e5 4ef0 a9f2 e20ef264c792Fa6eea44 41f5 4949 8695 722e15d26ea1 8人

高野文子の本

るきさん

るきさん

E8c6b8d0 c407 409f 90eb f26870078629

himitsukitty

長崎日の出町にある貸本店の二代目…

シュールです。東京のとあるバーでスタッフをしていた女性に頂いた本。何かのメッセージだったのかナゾ。だけど愛おしい。

約3年前

F11603e6 7980 4853 ba71 c021c99f74ca2afd6398 c421 4ab4 983a 073b5b7c34e0674add45 e866 4945 a02c 16b1781cfdfe
黄色い本

黄色い本

9a2b6729 e01f 4069 bba9 990f42412830

しましま

最近読んだもの、 思い出したもの

これほどドラマティックでロマンティックな漫画があるだろうか。素晴らしい発想力と技法。高野文子さんの視点は優しくて凄くエッジだ。

3年前

0dcb5aaa d20c 4720 836d 17f4b59812cc79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7774af42e 30e9 462d a3c0 2639c09025a8 25