41pvpqix0bl

仕事と家庭を両立して、家も買って、運動もして、流行も追って…それができる人はそうしたらいい。でも、そういうのが「うまくできる人間」ばかりじゃない。本当はし... 続き

コメント

しないことを決めてポジティブに生きていく

先日、phaさんの「しないことリスト」を読みました。

「ニートの歩き方」「持たない幸福論」に続いて、phaさんの本を読むのは3冊目ですが、「しないことリスト」が、一番シンプルで読みやすいですかねえ。

読者

58c86ea8 c7f5 49d7 93bc 609b5abdc4cc9e5180a4 069c 49d9 a9d0 b81bd71d0ffaC8afdf3a 9ef7 43bb 844c 873405613213Icon user placeholder515af6c3 d417 4d4c 9d63 55a5e0f2008023b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d59376a1bd81 cf0d 4f15 ac25 a03af1c0a3eeD7c79481 afa4 4b32 94de 00088e7e9de0 12人

phaの本

ひきこもらない

ひきこもらない

35b888f7 1e65 4982 ba27 1839a5ebe438

mou

ブログ的感覚で、読んだ本の感想を…

先日、phaさんの「ひきこもらない」を読みました。 あまり働かずに生活しているphaさんですが(本を出したり、ネット上に文章を発表したり、執筆の仕事はしてるけど。あと、たまにテレビに出たり)、そんなphaさんが、サウナに行ったり、漫画喫茶(ネット・カフェ)に行ったり、ゲーセンに行ったり、シティー・ホテルに泊まったり、深夜バス(高速バス?)に乗ったり、一人旅をしたり、などなど、タイトル通り、家にひきこもらずに、街をふらふらしたことについて書かれたエッセイといった感じでした。 それで、本の内容の本筋からはズレるんですが、phaさんは、大学時代に京都に住んでたらしく、例えば東京だと、渋谷とか下北沢とか、都心に行かないと、クラブやオシャレなカフェがなかったりするけど、京都はそういったお店がわりと近所にあるらしく、大学の先輩にクラブに誘われて、あまり興味がなかったんだけど、そのクラブが近所だったから、とりあえず行ってみた、みたいなことが書かれてあったんですけど、たしかに近所にクラブがあったら行きやすいよなあと思ったりしました。

5か月前

C9341471 f9e0 4aac 89c3 0dc8d8a39c47014253d4 6080 4951 9119 24735184a69611ee85c4 d728 4c04 88a3 e3bd08ca9df6 8
フルサトをつくる: 帰れば食うに困らない場所を持つ暮らし方

フルサトをつくる: 帰れば食うに困らない場所を持つ暮らし方

81952a93 a651 4307 a9a9 7a8edfb3c77e

あんちえいじゃー@abcライター

僕の名はあんちえいじゃー

ぼくは都会の競争社会からこぼれ落ちた男、あんちえいじゃー。勝つ為では無く、ゆるく自分の人生を楽しむ為に役立つ本を中心に紹介していきます。 これからの時代を生き抜く為のセーフティネットは、自分たちで作ろう!じゃあセーフティネットって何よ?それは、最低限の衣食住と、コミュニケーションできる仲間がいること。つまり、フルサトがあること。じゃあ、フルサトって何?実家と違うの?地元と違うの??その答えはこの本の中に書いてあります。

約3年前

Fcb0d277 fe7c 484d 90d5 1bb64f07d085103d7ae9 bf09 4d0e 8b6a 246883db1672A352ebd2 1db1 4818 ac4a 958f1438ff16
ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

4655aef2 4827 4d43 bb10 b2729db320fb

OZZY-ZOWプロジェクト

zen,minimalism

色んな意味で有名なphaさんの一冊目の本。 amazonの感想等にもあるように、Phaさんは厳密にはニートではない。 けれど、彼の言葉は、現在の日本の働き方とか良しとされる生き方とは別な生き方を志向し、たかだか100年前後の「伝統的」な「昔から」正しいとされている「常識」に違和感を感じている層には刺さりまくると思う。 “「だるい」とか「めんどくさい」とかいう気持ちはもっと大切にされてもいいと思います。” “もっと適当に生きましょう” というカバー裏の一文が、本書の内容をよく表している。 本書で、phaさんはべつにニートを推奨しているわけではなく、現代日本のシステムにどうしても適応できない人が無理に適応しようとして心身を壊すより、スルリと逃れてマッタリやってもいいんじゃない?という提案をしているだけで、 「万人には薦めない」 「向かない人もいる」 「結婚・出産・育児は諦める必要がある」 「歳をとって体力なくなったら継続できるかわからん」 「老後は普通に不安」 というところもまた、誤魔化されることなく書かれている。 「アフィリエイトはさほど稼げない」 「全てが自己責任じゃないけれど、全てが自己責任じゃないわけでもない」 「ある種の向上心や目標は生きる上で必要」 といった言葉や、ニートとしてサヴァイブしていく為に利用できる具体的なインフラの話や、なんとニートの本でありながら「働き方」や年金・雇用保険について等々、むしろドロップアウトしてしまった人達、そうならざるを得ないところに追い込まれてしまった人達に、無理に浮かび上がるのではなく、底までおちないように、波風と無縁の深い海中で漂うように、もう少しラクに生きる為の方法を伝えようとしているように感じた。 読前にphaさんに抱いていた(僕の)イメージと裏腹に、とても真面目で誠実な印象を受けた。 正直、僕の中でのphaさんの印象は、かなり変わった。 タイトルやphaさんのパブリックイメージから、読むことに抵抗感のある方も多いかもしれないけれど、そういう人にこそ読んで欲しいし、今つらい・キツいと思っている人にはもう是非読んで欲しい。 読んだ後、少なくともちょっとだけ心がラクになるはず。

約3年前