41hidfgbx0l

十代の終わり、遠く見知らぬ土地での、痛切でかけがえのない経験――。19歳の山下スミトは演劇塾で学ぶため、船に乗って北を目指す。辿り着いたその先は【谷】と呼... 続き

コメント

著者が19歳の時、富良野塾二期生として暮らした2年間の体験をもとに書いた作品。小説を読むというより、自ら体験するようなドラッギーな傑作。ちなみに表紙カバー題字は倉本聰先生直々の筆です。

その他のコメント

あれこれ昔のことを思い出しながら延々と語っている人の話をひたすら聞いてあげているような小説。このタッチは嫌いじゃない。

最終頁で文学然とした作品に塗り替える力技。語りの距離、焦点化はお見事だが、意図せずやってるようにも感じる、それならなおさら凄いが。

読者

Fa2f46de 09b8 4291 8d2c 025044e17ae2Icon user placeholderE72f28d4 a6b5 4141 939b e96b2ce9e59eIcon user placeholder0ad8fb81 059a 40f6 8443 8239cc1cdd66C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74E0ad993d 295b 4d2b b936 cc56c26edbe2 23人

山下澄人の本

緑のさる

緑のさる

Fa2f46de 09b8 4291 8d2c 025044e17ae2

Kenny

読むこと、書くことが好きな人

その女の子とは、今もよく会うんだけど、大学の1年生の夏にフラれたこともあって、でもそのフラれる前の前の日くらいに、大学の寮の裏手にある駐車場のところで、せなかをがっちゃんこして歩いたのは、夢かもうそうかリアルかわからない。ぼくはその娘と付き合いたかったからぼくはぼくを彼女の目で何回もみたから、ぼくはその女の子でもある。 視点が移るということは、その娘の目にも、その娘をみている星の目にも、その星をみている世界の目にもなれるということで、その目は過去にもむかえば、未来にもむかう。ぼくは、わたしは、彼も彼女も生きていて、死んでいて、世界の目としてみると、この、ここに、存在してくれてありがとうってなるのは、すげぇ。 山下澄人『緑のさる』は、すごくなんというか、つながっているっていうこと、それはモラルとか共同体とかかんけいなく、つながれ!ではなくて、正味、つながっているんだよ、と教えてくれて、ぼくはとなりでいつもラップトップをがちゃがちゃ叫ばせる嫌われものにもやさしくなれた。そして、好きな女の子に対しても、なおさらで、次に会ったときに、会った瞬間、泣いてしまったらどうしよう。そんなことを考えている。

5か月前

Icon user placeholder8faed6e7 d0b6 4eec 8253 f593fa0f3fbd9ac9871f 33f3 4bb3 b203 9133cb38cc65
コルバトントリ

コルバトントリ

Efb55701 9823 4955 9628 b09635b10d9f

扉と書

本、言葉、手紙。扉と書

行ったり来たり。時限を超えて気持ちと魂と体が行き交う。難しくて読み返したいのに、先へ先へと引きこまれる。

約4年前

90cb0094 04da 4198 91ba eb8f84bcdb8a6ab825bd 2ac5 4f41 8adc 26db31111975F060dddb 03e9 4547 8591 84afdcd4d779 9