41whvx5k4yl

誰にもいえない、とてもどきどきしたから。11人の少女の夏の秘密の物語。最新・連作短篇集。 続き

コメント

どの話もとにかく不思議で、でも、懐かしくなる。小学校の裏庭や焼却炉、病院の三和土、独特の匂い、など、夏の暑い日々の、私たちが小さかった頃の、世界の見え方。それを、そのまま思い出させてくれるような書き方で読者の気持ちをふわりと過去へ戻してくれる。不思議なお話たちでした。さらさらと読めます。 いろいろなことを思い出させてくれますが、不思議と嫌な気持ちにはなりませんでした。文章が落ち着いているからかな。。

読者

65dc9d8a d779 4fc6 bfe0 b373bf0c937e

江國香織の本

号泣する準備はできていた

号泣する準備はできていた

B0f9209d aa6d 4ae3 bf15 9b0e65096a98

すのう

夏目漱石、芥川龍之介、伊集院静、…

喪失するには所有が必要で、所有をした時点ですでに号泣する準備はできている。 なんでそんなにかなしいのよ 所有したことに手放しで喜べないってなんなのよ 納得しちゃうじゃない

7か月前

B51ed931 1fb9 4e78 8f63 eeb4b4fa47e2147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e84bc05e8 c086 4730 8280 90cd749500af 10