31 3bfvtyhl

あの夏の記憶だけ、いつまでもおなじあかるさでそこにある。つい今しがたのことみたいに-バニラアイスの木べらの味、ビニールプールのへりの感触、おはじきのたてる... 続き

コメント

真夏日にクーラーの効いた部屋でコーラフロート飲みながら読みたい最高の短編集。きっと夏が目の前に来るたびにこの本のことを思い出して、まだ来ぬ夏に想いを馳せるんだろうな。

夏が来たら読みたくなる。

子どもの感受性やリアルなモノの見方、残酷さも含めて、なぜこんなにリアルに子どものこころを描けるのだろうと、おもう。
美化しない、子ども目線の夏の出来事。短編集。
過去に女の子だった人は、何だかリアルな気持ちの描かれ方に、奇妙な懐かしさを感じるかもしれない。

たぶん江國さんの作品の中でいちばん、くり返し読んでる。毎年夏になると、本の中にいる人たちに会いたくなる。

私が江國さんにはまっていると知った友達が、誕生日にプレゼントしてくれた本。懐かしい思い出が蘇ります。夏のみずみずしい話がたくさん詰まってます。

お祭りのラムネとか、海の家で売ってるちょっと古くなった浮き輪とか、蚊取り線香とか、そういうものを思い出した。

どこか懐かしくてこんな事あったという気持ちにさせる
匂いはその場の情景や感情を思い出させる

読者

F456dd6c 5985 4bb4 9305 d2c780a3b4b0A12a5249 b612 4153 9316 2db5f8c38361F3ac2af5 448d 4483 a66b e6eb57bc2106Eee012af 17a1 4e72 aafb bf45bd195ec968d8fac3 b51a 400d a18a 09238ebdeedbF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacPictureB23ccc5f e7f6 46e0 bce1 20390055438c 47人

江國香織の本

号泣する準備はできていた

号泣する準備はできていた

B0f9209d aa6d 4ae3 bf15 9b0e65096a98

すのう

夏目漱石、芥川龍之介、伊集院静、…

喪失するには所有が必要で、所有をした時点ですでに号泣する準備はできている。 なんでそんなにかなしいのよ 所有したことに手放しで喜べないってなんなのよ 納得しちゃうじゃない

7か月前

B51ed931 1fb9 4e78 8f63 eeb4b4fa47e2147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e84bc05e8 c086 4730 8280 90cd749500af 10