31 3bfvtyhl

あの夏の記憶だけ、いつまでもおなじあかるさでそこにある。つい今しがたのことみたいに-バニラアイスの木べらの味、ビニールプールのへりの感触、おはじきのたてる... 続き

コメント

夏が来たら読みたくなる。

子どもの感受性やリアルなモノの見方、残酷さも含めて、なぜこんなにリアルに子どものこころを描けるのだろうと、おもう。
美化しない、子ども目線の夏の出来事。短編集。
過去に女の子だった人は、何だかリアルな気持ちの描かれ方に、奇妙な懐かしさを感じるかもしれない。

その他のコメント

真夏日にクーラーの効いた部屋でコーラフロート飲みながら読みたい最高の短編集。きっと夏が目の前に来るたびにこの本のことを思い出して、まだ来ぬ夏に想いを馳せるんだろうな。

たぶん江國さんの作品の中でいちばん、くり返し読んでる。毎年夏になると、本の中にいる人たちに会いたくなる。

読者

C86ffa11 bd1a 4657 baf6 1f2830f735c7055b7b31 1fcb 4278 9081 1b46efd7523d08a91a40 13fa 413a 9850 e1a47f6e03de761cc491 2dfa 46e5 bfb1 d5fbcaec92285107dca6 e6a9 479c ab42 72ca6aa63a38F456dd6c 5985 4bb4 9305 d2c780a3b4b020bdbde9 151e 4f80 baf3 01d3999b8546F3ac2af5 448d 4483 a66b e6eb57bc2106 52人

江國香織の本