51nyeuytnfl

コメント

もっと柔軟に考えて、行動していかなきゃ!!と焦りを感じる内容だった。
子育てをするときにも自分の成功体験を押し付けないように気をつけよう。

〜要約抜粋
サッカーが好きな子には思いっきりサッカーをさせればいい。プロのサッカー選手になれる可能性が低いから進学校に行かせる、という考えは思考停止している。サッカーに関わる仕事は無限にある。

その他のコメント

僕は、この本に出会い学校をやめる決断をした。

なぜか?

それは、この本の内容全てに共感し、圧巻され、もともと抱いていた疑問の解決策を具体的に提言してくれたからである。

教育について堀江氏がここまで語った書はこれだけだろう。教育の歴史から形骸化した現状、そして今の若者がどうするべきなのか、これ一冊で全て把握が可能だ。

これを何度も読み返した僕が、誰がこの本を読むべきなのかを書こうと思う。

・今の学校のあり方に疑問を抱いている大人。
・学校に通う意味合いがわからなくなってきた現役学生。
・新しい時代に対応した教育とは何かを模索している人。

慣習を踏襲するだけの人生を歩みたくない人達は、これを読むべきだ。

学校に行く目的が他人や他機関からの指示であってはならないと思う。
大事なのは自分の意思と希望で学ぼうとすること。

読者

D3c55bf6 6cbb 404d 996f ec3a41902facF1102485 2d7b 4edc b4e8 e8b7f69c48d9C38a491e 6396 4375 a09e ec086dbcdb46339e65a9 562c 40f6 9d66 15bc3d86f7758b07ab2e 7edc 4cbd 9cb0 b96bfb262f28Icon user placeholder03d701bd 8750 4baa b651 f82f54095f6e176d3b88 ef4c 4c77 b4f4 d0b06b2cb801 69人

堀江貴文の本

10年後の仕事図鑑

10年後の仕事図鑑

434059f2 8e14 4a7f 8241 449baa9e3a90

ほんのむし

学生

この人たちが描く未来と、現実とが乖離してて上手くついていけない感じはした。未来を語るのだから、現実見てたらよくわからないのは当たり前なのですが。 若者的にはインターネットの普及とか言われても、気づけばそこにあったという印象で。よく「かつて、誰がスマートフォンを持ち歩く未来を想像できただろうか??!!」って熱く語られるけど、スマートフォンを持ち歩く時代が来るって分かってたら、何か準備出来たんかな?そんなことなくね?いつ舵を切るかの違いで、そりゃ乗り遅れたらヤバイけど、別に波に乗れれば問題なしでは。 本にあるように、未来に想いを馳せるのは結構無駄かもなと思った。"今"を冷静に分析できてたら、伸びる分野、伸びない分野は何となく分かってくだろう。あと市場価値は本質的には"人としての魅力"なんだと思った。

約1か月前

5aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5be7de36bba 85dc 4e53 bc8d 8f48505ec11fD431913d 3530 44b9 9bd5 db358ed18c33 96
好きなことだけで生きていく。

好きなことだけで生きていく。

339e65a9 562c 40f6 9d66 15bc3d86f775

タカ ナリ

哲学、自己啓発、実用書、新書、様…

この本はあまりオススメしない。 理由は2つある。 1つ目は、堀江氏が開いているオンラインサロンの説明と勧誘が半分くらいの内容を占めているからだ。 2つ目は、これは堀江氏の本を読んできた人間に向けた理由なのだが、言っていることが他の著書と変わらない。 堀江氏が言いたいことは全て他の著書で書き表されているので、多少の内容の重複は仕方ないのかもしれないが、勧誘についてはどうかと思う。 堀江氏の熱烈なファンであれば、買って損はしないだろう。

約2か月前

Icon user placeholder2ac06068 6e11 4f1b bfe1 9bcfd18b6f0f76a1bd81 cf0d 4f15 ac25 a03af1c0a3ee 18
(146)自分のことだけ考える。

(146)自分のことだけ考える。

80bbd417 a182 4d51 96e6 7e486d054774

のん

美容業界で働くアラサー

堀江さんのことを今まで全然わかっていなかったなぁと反省しました。 私も自分に対してコンプレックスがあって、堀江さんもこんなに成功していてもやっぱりコンプレックスがあって、人はどのような立場にいても結局心は同じ。強さと優しさを持ってお仕事をすることや周りの人に優しさを配ることは忘れてはいけないと思いました。 ハッとした一冊。 堀江さんありがとうございました。

3か月前

Aa8adbfc 9571 4e08 9230 812bd0b246fb01fa4122 4003 4b87 8107 ab33b870146aB376121c e0e5 45e2 959f 1e5464763e24 17