51kpvari4sl

言葉にできなければ「知っている」と言えない A「この本は、仕事の本質がつかめて、すごくよい本なので、ぜひ読んでください」 B「この本の説く時間管理の本... 続き

コメント

‪この本で伝えたいことを私流に一言でまとめると、『目的意識+情報咀嚼+2W1H解消=学びの定着』です。‬

‪読書を消費型の学習ではなく、投資型の学習とする為に役立つノウハウが詰まっています。

‪第5章の、働くことの本質は他者貢献であるという見解が特に印象的。‬

‪誰かの幸せを一番に考えてお仕事している人たちに、読んでもらいたいです。‬

ちょうどビッグサイトで展示会続きだったので、講演の聞き取り用に「初伝」「中伝」試してみたら、これがいける。あえて余白の多い一枚(自分はロイヒトトゥルムだったのでA5サイズ)に書き留めてみると、そこから弾んだアイデアも出やすくなるようだ。ただ、20字へのまとめスキルは筆者のバックボーンにある読書量に基づく論理性や語彙力によるものも大きく、そのへんを埋めるためには「マジ文章書けないんですけど」あたりを参考にしていくと良いかと。現在の自分の読書は「遅読家のための読書術」実践をメインとしているがまたひとつ手法をいただいた感じ。既に初・中は組み合わせてノートテイキングや出張報告に活用しているし、三本線をタテヨコにひいてできた16マスに見てるテレビ番組のメモとったりしている。奥伝もチャレンジしないと。

読者

A3b121bd 6a81 4ff1 b277 28707d9fdb065aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5beIcon user placeholder04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88caIcon user placeholderE0682bd8 54de 4af8 bc4a 64a42062a864F418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e037Icon user placeholder 28人

浅田すぐるの本

トヨタで学んだ「紙1枚! 」にまとめる技術

トヨタで学んだ「紙1枚! 」にまとめる技術

8a3718e0 3761 4b9c b4ed 829fd37e9597

Mana

中小企業向け経営コンサルタント …

「Excel1」を早速会議で試してみたら、議事録書きが10分で終わりました。 枠を決める、ということと、伝えることを絞る、ということ、そして受け手を意識付けするということを「紙一枚」というやり方に凝縮して、とりくみやすい技術に昇華しているのが白眉。 選ぶために捨てる理由付けを、というのは大切だなって思います

約4年前

A1f0cf18 cd3b 436b 9e21 13edaa9ee4be01ddbc06 d2aa 415a 8262 3773239eaad31589ab15 bc91 4551 83ec 2a88bb4c65a3 14