51inqa6j1wl

ラジオから聞こえる懐かしい声が、若いドイツ兵と盲目の少女の心をつなぐ。ピュリツァー賞受賞作。孤児院で幼い日を過ごし、ナチスドイツの技術兵となった少年。パリ... 続き

コメント

これは。またすごい物語に出会った。これはおすすめです。
主人公の父親が娘のために作った街の模型はきっとこの物語とそれをつむがれた言葉と同じくらい緻密で愛情に満ちていたのだろう。

短い章の連なりから構成されていて、切り取られた様々な場所、時間、人がパズルのピースのように組み合わさっていき、最後まで読み進めるとそこに時代の変遷と人の一生という壮大な物語が現れる。
タイトルの「すべての見えない光」という言葉が、盲目の少女やラジオの電波のことだけでなく、戦時下という状況の中で「見えない光」の存在をどれだけ信じて生きることができるかを描いたこの物語をうまく象徴しているように思う。

‪「名作。読み終えて、胸いっぱい吸った息を長々と吐いた後、しばらく動けなかった。清らかな魂の持ち主が時代の暗い影に飲まれていく様を、胸を痛めて見つめ続ける500ページ超。彼らが守ろうとする世界の美しさと終盤に訪れる奇跡の眩しさ。★★★★★‬

2015年のピュリッツァー受賞作ということでちょっと重たい作品なのかなと躊躇しつつも手にとってみたが、さすがに素晴らしい作品で引き込まれてしまった。舞台は海に面した城壁で囲まれたフランスの街、サン・マロ。時代はノルマンディー上陸作戦の二ヶ月後くらい。資産家の大叔父を頼ってパリから父親と逃げてきた盲目のフランス人の少女と、炭鉱町の孤児院で育ったドイツの少年兵の二人が主人公。失明からパリから逃げ出してサン・マロでの生活に至る少女の物語と、優秀さ故に炭鉱町から抜け出しナチの士官養成学校に入ったものの若くして前線に送られてしまった少年の物語、それぞれの過去と現在が交互に語られていき、それぞれの人生が物語の終盤で一瞬交差する。もちろんヘヴィな物語なのだがサスペンスの要素も盛り込まれていて目が話せず一気に読めてしまう。生き残った者たちの後日談もあり読後感も良かった。素晴らしい作品だった。

時間を忘れて読むほどに、物語の世界に入り込んだ。
「ラジオ。それは百万の耳をたったひとつの口に結びつける。」
心に残るのは街の模型と電波。ドイツの歴史が重い

読者

41b9e00a 068b 464c 83a6 777b6ab8d954D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f98694daeef9d 483a 4baf be73 c9876e4019b09fb37280 03c5 4882 9d53 8efeb56507b1F80ec0c3 1a12 46e6 bbbc dafbc2a1f785C16ab514 e8b2 4bae 9fdd 09affeb3aee908046b58 10fc 4538 ad28 8bc6ce8e348a79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7 49人

アンソニー・ドーアの本

メモリー・ウォール

メモリー・ウォール

E14e616e d5d9 4a70 8191 aa8f51ff8751

Hayato Kumagai

「本はまなざし」 みすず書房がす…

記憶を巡る短篇集。個人的には、種屋の話がすきだった。 ダム開発の運命を辿り、誰も彼も去っていく郷里のなか、種屋は里の至るところに種を蒔く。全てが水に還る間際の、瑞々しい最後の光たち。 ダム開発で消えた、徳山村のことを思い出した。

約3年前

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0eFe1c0b88 3afa 4cc0 b017 136c4a3765a5
シェル・コレクター

シェル・コレクター

3a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43

imau

@kyoto

静かで、美しい、野性のような短編集。新潮クレスト・ブックスはぜんぶ読みたくなるような、魅力的なタイトルとデザインばかり

3年前

D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f98695da5fe40 923d 406d ba4b 08d3bd9465dd89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e 13